Windowsのショートカットキー一覧

■これだけは覚えておきたい。必須のWindowsショートカットキー
Windowsのショートカットキー 絶対に知っておきたい30選

Windowsのショートカットキーを使って業務効率化!


コピー【Ctrl+C】
選択した項目をコピーする。「Ctrl+Insert」でもできる。
使用例:文書のみではなく、ファイルのコピーなどにも使える。

貼り付け【Ctrl+V】
選択した項目を貼り付ける(ペースト)。
使用例:「Ctrl+C」でコピーした項目を「Ctrl+V」で貼り付ける。

切り取り【Ctrl+X】
選択した項目を切り取る。
使用例:「Ctrl+X」で切り取り、貼り付け先に「Ctrl+V」で貼り付けて文字列を移動させる。

元に戻す【Ctrl+Z】
直前の操作を取り消して、元に戻す。
使用例:間違ってファイルをコピー/移動/削除してしまった時、「Ctrl+Z」で元に戻す。

繰り返す【Ctrl+Y】
直前のコマンドまたは操作を繰り返す。
使用例:「Ctrl+Z」とあわせて使って、過去の履歴をさかのぼることも、進めることもできる。

複数の項目を選択【Shift+矢印キー】
ウィンドウ内またはデスクトップ上の複数の項目を選択する、またはドキュメント内のテキストを選択する。
使用例:文書で複数行を選択したい場合、行の先頭で「Shift」を押しながら「↓」を連続して押す。

■知っておくと便利。ビジネスマンに必須のWindowsショートカットキー

画面の一部をスクショしてコピー【Windows+shift+S】
普通のスクリーンショットと違い、切り取りたい部分のみスクリーンショットを撮り、コピーすることができる。
使用法:画面全体の色が変わるので、切り取りたい部分をクリック&ドラッグ。

ウィンドウを最大化【Windows+ ↑】
ウィンドウを最大化する。

ウィンドウを最小化【Windows+↓】
現在のアプリを画面から削除する、またはデスクトップ ウィンドウを最小化する。

左側にウィンドウを最大化【Windows+←】
画面の左側にアプリまたはデスクトップ ウィンドウを最大化する。

右側にウィンドウを最大化【Windows+→】
画面の右側にアプリまたはデスクトップ ウィンドウを最大化する。

ウインドウ切り替え【alt+tab】
ウインドウを切り替えることができる。
 

Excelのショートカットキー一覧 

Excelのショートカットキーで業務効率化!

Excelのショートカットキーで業務効率化!


■絶対に押さえるべきExcelのショートカットキー
Windowsユーザーなら利用シーンも多い、マイクロソフトツールのショートカットキーもご紹介します。

ガイドが出る【Alt】
キー長押しで画面上部のタブにガイドが出てくる。
使用例:「Alt」と一緒にこのガイドに表示されるキーを押せば、さまざまな機能を素早く選択できる。

端のセルを選択【Ctrl+矢印キー】
データが入力されているセルのうち上下左右の端のセルを選択できる。
使用例:「Ctrl+↓」で一番下の最新行を選択する。

複数のセルに同じデータを入力【Ctrl+Enter】
複数のセルに同じデータを1回の操作で入力することができる。
使用法:同じデータを入力したいセルを「Ctrl」キーを押しながら複数選択し、データを入力したら「Ctrl」キーと「Enter」キーを同時に押す。

直前の操作を繰り返す【F4】
直前に実行したExcelの操作を繰り返し実行できる。
使用例:新しい行を挿入し、別の箇所で

行全体を削除【Ctrl+"-"】
日本語入力をOFFにして削除したい行全体を選択してから「Ctrl」キーと「-」キーを押すと、選択されている行全体が削除される。

行を挿入【Ctrl+"+"】
削除したい行全体を選択してから「Ctrl」キーと「+」キーを押す。

▽まだまだある!Excelのショートカットキーをもっと知りたいならコチラ
■作業効率が倍に!ビジネスマン必修のExcelのショートカットキー
マイナーですが、覚えれば作業効率大幅UPも夢じゃないショートカットキーです。

ホームに移動【Alt→H】
ホームタブに移動できる。フォントや文字の色を変える作業がスムーズに。

罫線を追加【Alt→H→B】
罫線の種類を選ぶ画面に素早く飛べる。

列を挿入【Alt→I→R】
現在選択しているセルの下に新しい列を挿入する。

前のシートに移動【Ctrl+PageUp】
ブック内で前のシートに移動する。

▽Googleスプレッドシートの場合はコチラ!  

PowerPointのショートカットキー一覧 

PowerPointを作成・プレゼンする時に便利なショートカットキー!

PowerPointを作成・プレゼンする時に便利なショートカットキー!


■PowerPointを作成する時に使えるショートカットキー

新しいスライドの挿入【Ctrl+M】
選択しているスライドの次に新しいスライドが挿入される。

箇条書きのレベルを上げる【Tab】または
箇条書きのレベルを下げる【Shift+Tab】
フォーカスを移す。

スライドのコピーを作成【Ctrl+D】
表示しているスライドのコピー版が、次のページに作られる。

▽パワポ作成に使えるショートカットキーをもっと知りたいならコチラ!
パワーポイントのショートカットキー 時短に役立つ10選!

■PowerPointでプレゼンする時に使えるショートカットキー

スライドショーを実行【F5】
先頭のスライドからスライドショーを始めることができます。

次のスライドに切り替える【スペース】
前のスライドに切り替える【BackSpace】

スライドショー実行中に「スペース」もしくは「Enter」で次のスライド、「BackSpace」キーを押すと前のスライドに切り替わる。

スライドをジャンプ【スライド番号+Enter】
「スライド番号」+「Enter」を押して、特定のスライドに切り替えられる。
使用例:2枚目のスライドにジャンプしたければ、「2」+「Enter」

▽プレゼンで使えるショートカットキーをもっと知りたいならコチラ!  

その他のショートカットキー一覧

▽Wordのショートカットキー
Wordのショートカットキーでカーソルを効率的にジャンプ

▽Chromeのショートカットキー
Chromeのショートカットキーを体に覚えさせる方法
保存版!これだけは覚えたいChromeショートカットキー

▽Gmailのショートカットキー
Gmailのキーボードショートカットで素速く操作
 

Windowsのショートカットキーまとめ

作業効率を高められる、さまざまなショートカットキーをご紹介してきました。普段から使用頻度の高いものを順に覚えるだけでも、きっと作業の役に立つはず! いま一度、仕事に使いたいショートカットキーを確認しておきましょう。
 
ショートカットキー 操作
Ctrl + C 選択した項目をコピーする
Ctrl+C コピー
Ctrl+V 貼り付け(ペースト)
Ctrl+X 切り取り
Ctrl+Z 直前の操作を取り消して、元に戻す
Ctrl+Y 直前のコマンドまたは操作を繰り返す。
Shift+矢印キー 複数の項目を選択
Windows+shift+S 画面の一部をスクショしてコピー
Windows+ ↑ ウィンドウを最大化する
Windows+↓ ウィンドウを最小化する
Windows+← 画面の左側にウィンドウを最大化する
Windows+→ 画面の右側にウィンドウを最大化する

【関連記事】


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。