Chromeユーザーなら必須のショートカットキー

chromeショートカットキーを覚える

chromeショートカットキーを覚える

Chromeに限らず、インターネットエクスプローラーやExcelなどにも存在するショートカットキー。ショートカットキーを覚えることは作業効率の向上につながります。Chromeブラウザに慣れてきたら覚えておくと大変便利なキーは多数存在します。ここでは、ガイド愛用のものを中心にChromeの使用性を高める厳選ショートカットキーを紹介します。使いこなせるようになると、自身の作業スピードが上がったことを確実に実感できると思います。

最初に覚えたいマストなショートカットキー

最初に覚えたいマストなショートカットキーは下記の5つです。頻度の高い作業を行う操作ですので、これだけはマスターすると良いでしょう。

  1. 新規ウィンドウを開く  ctrl + n(Mac : command + n)
  2. 新規タブを開く     ctrl + t (Mac : command + t)
  3. 開いているタブを閉じる ctrl + w (Mac : command + w)
  4. タブを開いたまま新たに新規タブを開く ctrl + リンクをクリック(Mac : command + リンクをクリック)
  5. タブを開いたまま新たに新規タブを開いてそのタブに移動する ctrl + shift +リンクをクリック(Mac : command + shift + リンクをクリック)
タブを開いたまま新たに新規タブを開く機能は、Google・Yahoo!の検索結果画面などで大活躍します。急いで様々なサイトをチェックしたい時に活用できます。

タブとウィンドウを華麗に使いこなすショートカットキー

作業効率を高めることができるタブとウィンドウにまつわる厳選のショートカットキーを5つ紹介。
  1. シークレットモードで開くctrl + Shift + n (Mac : command + Shift + n)
  2. 最近閉じたタブを復元  ctrl + shift + t (Mac:command + shift + t)
  3. Chromeウィンドウを閉じる ctrl + shift + w (Mac:command + shift + w)
  4. 現在のタブから右に移動  ctrl + tab (Mac:ctrl + tab)
  5. 現在のタブから左に移動  ctrl + shift + tab (Mac:ctrl + shift + tab)

ウェブページで役立つショートカットキー

ウェブページを見ている時に役立つショートカットキーを5つ紹介。
  1. ウェブページ内を検索 ctrl + f (Mac:command + f)
  2. 現在のページを印刷 ctrl + p (Mac:command + p)
  3. ブックマーク      ctrl + d (Mac : command + d)
  4. ページを下にスクロール space (Mac:space)
  5. ページを再読み込み    F5 (Mac : command + R)

いかがだったでしょうか。Chromeユーザーなら覚えておきたい基本的なショートカットキーを紹介しました。Google Chromeのメニューを開いたりするものも存在しますが、仕事やプライベートでChromeを使っている場合は使用頻度が低いです。ショートカットキーは様々ありますが、自分が普段頻繁に使用する作業だけでも操作を覚えると作業効率は断然変わってきます。ぜひ、取り入れてみてください。

Google Chrome機能やその他のショートカットも知りたい方はこちらからGoogleの公式ページに移動できます。チェックしてみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。