文字化けの対処方法を電話で確認する男性

文字化けの対処方法を電話で確認する男性

Chromeブラウザに限らず、ブラウザで表示しているホームページの文字が文字化け(意味不明な記号などに置き換わる)してしまうケースがあります。仕事で情報収集をしているときに発生したら一大事です。ここでは、Chromeブラウザが文字化けしたときの対処方法をご紹介します。

文字化けってなんで起きるの?

文字化けとは、テキストファイルをインターネット上で送受信するときに発生するひらがなや漢字など(いわゆる全角文字)が意味不明な記号に置き換わって表示されてしまう現象のことを指します。Chromeブラウザにおける文字化けの主な原因は、「本来の文字コードと違う文字コードで読み込んでしまった」ときに発生します。Chromeブラウザが、ページの文字コードを勘違いしたり、Webページに誤った文字コード宣言が埋め込まれているときに発生します。※現在、Webページに最も普及しているスタンダードな文字コードは、UTF-8です。文字化けは、UTF-8以外を採用しているWebページに発生しやすい現象です。

文字化けが発生したときの対処方法

Chromeブラウザに限らず、ブラウザで文字化けが発生した場合、エンコード(文字コード)の設定を見直せば、ほとんどのケースが解決します。文字コードの設定を変更する方法は下記のとおりです。

  1. ブラウザ ツールバーの右端にある三本矢印をクリックします。
  2. 「ツール」をクリックします。
  3. 「エンコード」をクリックします。
  4. 「Unicode(UTF-8)」をクリックします。
上記の設定をすれば、Webページの文字化けを改善することが可能です。また、「Unicode(UTF-8)」でなく「自動検出」 を選択した場合、Chromeでそのページのコンテンツを解析し、最適なエンコードを提示します。これでも解決することができますが、なるべく文字コードを指定する方法をおすすめします。

おわりに

いかがだったでしょうか。今回はChromeで文字化けしたときの対処方法をご紹介しました。

本記事を読んで、少しでも役に立ったと思いましたら「はてブ」「Twitter」「Facebook」のボタンをクリックして多くの皆様にこの記事をシェアして頂けると励みになります!