シークレットモードとは

インターネット

履歴を残したくない時はシークレットモード

シークレットモードとは、グーグルが提供しているブラウザ「Google Chrome」(以下、Chromeと表記)の機能のことで、自分が閲覧したホームページの閲覧履歴やダウンロード履歴が残らない機能のことです。ここでは、シークレットモードの使い方とメリット・デメリットをご紹介します。

■index
・シークレットモードの用途
・シークレットモードのメリット・デメリット
・PCでのシークレットモードの使い方
・シークレットモードを立ち上げるショートカットキー
・Androidでのシークレットモードの使い方
・iPhone・iPadでのシークレットモードの使い方

シークレットモードの用途

シークレットモードの用途は、自分が閲覧したホームページの閲覧履歴やダウンロード履歴を残したくないときに活用できます。家庭内でや会社内、学校の共有PC・スマホなどでインターネットをするときに使うと効果的です。シークレットモードは、通常モードでブラウザを立ち上げたときと同様の操作を行うことができるという点も覚えておくべき点です。

シークレットモードのメリットとデメリット

シークレットモードはメリットとデメリットがあります。

■メリット
Amazonや楽天市場等でショッピングするときにクレジットカード情報や個人情報はなるべく残したくないという方にメリットがあります。シークレットモードを使うと、履歴やCookie情報が残りません。

■デメリット
デメリットとしては、Cookieや閲覧履歴が消えてしまうので、お気に入りのホームページなど、すべて手入力でログイン等をしなければいけないので手間がかかるという点があります。

PCでのシークレットモードの使い方

シークレットモードの使い方は簡単です。

Chromeブラウザの右上にある設定ボタンをクリックします(※三本の点のボタン)。
シークレットモードundefined使い方

画面右上の三点マークをクリック


クリックすると「シークレットウインドウを開く」という項目があります。これをクリックするとシークレットモードでブラウザを開くことができます。
シークレットモード

シークレットモード

シークレットモードでブラウザを開くと、上の画像のような黒い画面になります。このウィンドウをシークレットウィンドウといいます。
この状態での利用では閲覧履歴等が残らず、安全にインターネットを楽しむことができます。

シークレットモードを立ち上げるショートカットキー

また、シークレットモードはショートカットキーで立ち上げることもできます。Ctrl + Shift + Nキー、Macは、command + shift + Nを押すと、シークレットモードが立ち上がります。ショートカットキーを覚えると作業が早くなるのでおすすめです。

スマホ・Androidでのシークレットモードの使い方

スマホでChromeを利用する場合、まずはアプリを開きます。Chromeブラウザの右上にある設定ボタンをタップします。※三つの点のボタン
[新しいシークレットタブ]をタップ

 

[新しいシークレットタブ] をタップします。すると、グレーの新しいウィンドウが開きます。
シークレットモードのタブはグレーになっている

シークレットモードのタブはグレーになっている

シークレット モードを終了するには、ウィンドウの隅にある [×] をタップします。Android 5.0(Lollipop)以降の場合は、上から下にスワイプして、[Chrome: シークレットタブをすべて閉じる] をタップしてください。

インストールはこちら(Google Play)

iPhone・iPadでのシークレットモードの使い方

Chrome アプリを開き、Chromeブラウザの右上にある設定ボタンをタップします。※三つの点のボタン
新しいシークレットタブ

 

[新しいシークレット タブ] を選択します。すると、グレーの新しいウィンドウが開きます。
右上の正方形のボタンをタップ

右上の正方形のボタンをタップ

シークレット モードを終了するには、右上の正方形のボタンをタップしてタブ切り替え画面にし、各シークレットウィンドウの隅にある [×] をタップします。

インストールはこちら(App Store)

以上、Chromeのシークレットモード機能を上手く活用して安全なインターネットライフをお楽しみください。

【関連情報】
保存版!これだけは覚えたいChromeショートカットキー
Chrome初心者向け!基本的な使い方をまとめて紹介


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。