スポーツジムやスポーツ教室、ウィズ・コロナでも利用できる?

スポーツジムで消毒作業をする女性

一時は「三密」が懸念されたスポーツジム。現在は消毒や喚起などの感染対策の中で運動不足解消に活用されています

体を動かしたいときに、スポーツジムやスポーツ教室などを利用している人も少なくないと思います。新型コロナウイルスが初めて国内で確認された昨年は、スポーツジムは「密閉・密集・密接」になりやすい、いわゆる三密状態だと敬遠された時期もありましたが、今では消毒などはもちろん、定期的な換気や人数制限など感染予防対策をしっかりと行っているところが多いようです。上手な利用のポイントと利用者が注意すべきことを押さえて活用していきましょう。
 

ジム・スポーツ教室のコロナ対策……少人数、換気、消毒の徹底

多くのジムやスポーツ教室でさまざまな感染対策が工夫されているようですが、特に以前と異なり顕著に感じられるのが、人数制限等による密集の回避です。

たくさんの人が一度にある一定の空間でそれぞれ体を動かしている状態を想像すると、感染リスクが高まることが予想されます。それを避けるために、多くのスポーツジムでは使用人数の上限を下げることで接触を避ける狙いがあります。

またスポーツ教室などでも人数に余裕をもたせ、一人ひとりの空間を広くとるといった工夫がなされています。換気や手指だけではなく器具の消毒なども定期的に行い、感染症への対策は他業種と同様にしっかり行われていると感じます。
 

ジム・スポーツ教室の利用者が注意すべき感染予防マナー

スポーツジムでは基本的に、使った器具は汗が付着するため、使った人が運動後に汗を拭き取るというルールがあります。これが現在では「除菌シートなどで消毒する」ということになっていると思いますが、使用者がうっかり忘れてしまうこともゼロではありません。自分が使う際にも運動前に消毒をするという一手間が必要になります。

また更衣室等で知り合いの方同士が近くでおしゃべりを楽しんだり、使い終わったロッカーをそのままにしてしまったりすると、やはり感染リスクが生まれてしまいます。運動をして充実した時間を過ごした後は、感染予防に対する意識も持って行動するようにしましょう。
 

ジム・スポーツ教室が不安なときはオンラインサービス活用も有効

実際にスポーツジムやスポーツ教室に行ってみると、直接指導を受けることもできるため、満足度の高い運動ができると思います。その分感染リスクに対する備えは個々人が十分に行っておく必要があります。

まずは自分自身の体調が優れない場合は無理に参加しないこと。そしてスポーツジムやスポーツ教室の利用に少しでも不安があるときは、時期をずらして、安心できる時期に参加するといったことを検討しましょう。

今はネットやアプリなどを中心にさまざまな運動の動画があり、自分の体力レベルにあったものを選んで行うこともできます。何度も繰り返し見ながらできるというところも自宅ならではのメリットです。またオンラインによる有料での運動指導を行う専門家も増えてきましたので、こういったものを活用し、自宅にいながらジムや教室に近いプロからの指導を受けるのもよいでしょう。
 

運動を楽しむことと感染予防を両立させて、新しい運動習慣の確立を!

スポーツジムやスポーツ教室などで運動を楽しむことと、感染予防を両立させながら自分の体力レベルにあったものを選んでいくというのが、これからの新しい運動習慣といえます。運動をしながら体調を崩すことがないように注意しながら、現地での運動、オンラインでの運動などそれぞれのスタイルで体を動かすことをぜひ楽しんでください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項