いきなり運動はNG! 下半身痩せしたいならまずはコレ

いきなり運動はNG!下半身痩せしたいのならまずはコレ

いきなり運動はNG! 下半身痩せしたいのならまずはコレ

リモートワークになってから、下半身のむくみを強く感じる……。だからといっていきなり運動するのはNG! なぜなら、逆に脚を太くしてしまう可能性があるからです!
 
仕事に集中すると、ついつい悪い姿勢に……。その時間が長ければ長いほど、悪い姿勢のまま固まるわけです。その姿勢のまま運動したらどうでしょう? 思わぬところに筋肉がついて、筋肉太りをおこす可能性があります!
 
下半身痩せを目指すなら、まずは姿勢をリセットすることから始めましょう。
 

下半身痩せトレ1:美姿勢が手に入る!「横隔膜ストレッチ」

美姿勢を手に入れる!横隔膜ストレッチ

美姿勢を手に入れる! 横隔膜ストレッチ

姿勢の良し悪しを決めているのは、筋肉ではなく「呼吸」です。姿勢が崩れるのは筋力不足ではなく、呼吸の浅さが原因です。

もし、筋肉が良い姿勢を決めているなら、筋肉ムキムキの人は全員姿勢がよいはずですが、残念ながらそうではありません。呼吸が浅くなる原因は「横隔膜」が硬くなるから(横隔膜は「みぞおち」にある筋肉で、焼肉でいったら「ハラミ」です)。
 
まずは「横隔膜ストレッチ」で美姿勢を手に入れましょう! 
 
■横隔膜ストレッチのやり方
 

1. 椅子に腰かけたまま、後ろで手を組む
1. 椅子に腰かけ後ろ手に組む

椅子に腰かけ後ろ手に組む

2. 口を結んだまま顎をあげる
2. 口を結んだまま顎をあげます。

口を結んだまま顎をあげる

首の前側にストレッチを感じるのが大事!

3. 姿勢を保ったまま「深呼吸」
鼻から4秒で吸って、口から4秒で吐きましょう。
 
4. 30秒程度行えばOK

 

下半身痩せトレ2:万能! 下半身痩せに効果的てきめん「ヒップリフト」

万能!下半身痩せトレーニングをご紹介

万能!下半身痩せトレーニングをご紹介

姿勢をリセットしたら、ここからが「下半身痩せトレーニング」です。
 
下半身痩せで大事な筋肉は「お尻」。そこでご紹介したいのは、ヒップアップ筋トレの大定番「ヒップリフト」です。早速、実践してみましょう!
 
■ヒップリフト

1. 仰向けになる。膝を立て、脚幅は肩幅にひらく
1. 仰向けになります。膝を立て、脚幅は肩幅にひらきましょう。

仰向けになり膝を立て、脚幅は肩幅にひらく

膝の真下に踵がくるように微調整!

2. 1~2秒かけてお尻を持ち上げる
2. 1~2秒かけてお尻を持ち上げましょう!

1~2秒かけてお尻を持ち上げる

足裏で床を強く押すイメージで! 床が押せないと腰が痛くなる可能性も……。

3. 3秒かけてゆっくりお尻を下げる
 
4. この動作を「20回×3セット」を目安に行う

 

下半身痩せトレはいつやるべき? 長続きさせる工夫が下半身痩せのコツ!

「運動におすすめの時間帯は?」とよく質問されます。
 
私のおすすめは「仕事終わり」。座りっぱなしで固まった筋肉をほぐす目的があります。さらにおすすめしたいのが「お風呂に入る前」。お湯を張っている間にちゃちゃっとトレーニングを済ませることができるからです。
 
大切なことは「ついでにやること」。運動の効果はある程度続けないとわかりません。最初から張り切って途中で挫折するより、何かのついでにトレーニングすることで、運動を長続きさせることができるでしょう!
 
ぜひ、今日から「下半身痩せトレーニング」をはじめてみましょう!
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。