《目次》
日本人の寿命は男女ともに延び続けています
寿命が延びることは一つのリスクです
定年後も働く準備をしておこう
定年後の不足額を現役時代に確保しておこう
投資にもチャレンジしてみよう
 

日本人の寿命は男女ともに延び続けています

厚生労働省発表の令和元年簡易生命表によると、日本人の平均寿命は男性81.41歳、女性87.45歳であり男女ともに過去最高を更新しています。
日本人,平均寿命,女性87,男性81

日本人の平均寿命は男性81.41歳、女性87.45歳


昭和40年(西暦1965年)が男性64.74歳、女性72.92歳であったことを考えると、この54年で男性は約17歳、女性は約15歳も寿命が延びたことになります。
 

寿命が延びることは一つのリスクです

不謹慎な!と言われるかもしれませんが、お金の観点からすると長生きは一つのリスクです。
なぜなら昭和40年代は55歳が定年だったのに対し、現在の定年は雇用継続期間を含めても65歳。寿命の延びに比べて働ける期間は伸びていない現実があります。

つまりひと昔にくらべ収入のない期間が増えているわけですから、その分のお金はどうにかして確保する必要があります。

また老後の収入の中心となる公的年金も支給水準は抑制傾向であるうえ、原則65歳の受け取り開始年齢をさらに遅くすることも検討されています。現在でも公的年金だけではゆとりのある老後を送るのが難しいといわれている現状が、今後はさらに厳しくなっていきそうです。
 

定年後も働く準備をしておこう

寿命が延びるに伴い、さらに必要となるお金はどのようにして確保したらよいのでしょうか。
1つの方法としては定年後も働くことかと思います。そのためには定年後も求められる能力やスキルを現役時代に身につけておく必要があります。

政府の推進やコロナの影響もあり、最近は副業・兼業を認める会社も増えてきています。サラリーマンは安定した収入のある現役のうちに能力やスキルを身につけ、本業以外の仕事にもチャレンジしておけば、定年後も一定の収入が得られるのではないでしょうか。
 

定年後の不足額を現役時代に確保しておこう

もう1つの方法は、当然ですが定年後に不足する金額を現役時代に確保しておくことです。

目標とするのは、できるだけ多くの金額といった漠然とした額ではなく、現在の生活水準の支出月額と定年後に受け取れる毎月の年金額の差を、例えば平均寿命まで生きると仮定して具体的に計算し目標額を設定します。

ちなみに年金受け取り時期と額を確認する方法は「年金はいつからいくらもらえる?ねんきん定期便をチェック」記事にて解説していますので参照ください。

目標額が決まったならば下の表を用いて毎年必要な積立額を計算してみましょう。
減債基金係数,100万円,貯める,年間積立額

100万円貯めるのに必要な1年の積立額とは


この表では「将来100万円貯めるのに必要な1年間の積立額」が計算できるようになっています。
例えば金利1%で運用しながら20年後に100万円を貯めるためには毎年45,415円の積み立てが必要です。1000万円を目標とするなら、積立額はその10倍454,150円積み立てが必要と考えればよいでしょう。

目標とする金額と、定年まで残っている年数を表にあてはめて、毎年積み立てる金額を試算してみてください。
 

投資にもチャレンジしてみよう

そうは言っても、今どき年利1%の元本保証の金融商品などあまり聞いたことがありません。
定年までにまだ時間的余裕があり、リスクのとれる方は長期の積み立て方法として考えたいのが「つみたてNISA」と「iDeCo(イデコ)」です。
長期投資,つみたてNISA,iDeCo,イデコ

長期投資にはつみたてNISAとiDeCo(イデコ)が向いています


どちらも税制面の優遇措置がとられている国の制度です。 iDeCo(イデコ)は税制面での優遇が多い一方で60歳までは引き出せないのに対し,つみたてNISAは税制優遇でやや劣るものの、いつでも引き出せるなど、それぞれにメリット、デメリットがあります。

ともに銀行や証券会社が取り扱っていますので詳しくは各金融機関の窓口にお問い合わせされることをお勧めいたします。

【関連情報をチェック】
いま話題のイデコ(iDeCo)、何からはじめたらいいの?
年金はいつからいくらもらえる?ねんきん定期便をチェック


 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。