キャベツの旬っていつ?

キャベツは収穫時期によって春キャベツ、夏秋キャベツ(高原キャベツ)、冬キャベツに分かれます。時期ごとの味わいやおいしさがあるのですね。次に、主要な産地と時期を紹介します。
  • 春キャベツ(4月~6月):愛知県、千葉県、神奈川県
  • 夏秋キャベツ(7月~10月):群馬県、岩手県、北海道
  • 冬キャベツ(11月~3月):愛知県、千葉県

キャベツの種類と時期について

もともと冬に食べられていたキャベツですが、柔らかな春キャベツの人気が高まり、今では年中食べることのできるようになりました。柔らかな春キャベツは関東を中心に人気があり、シャキシャキと固い歯ごたえのある冬キャベツは関西を中心に人気があります。

春キャベツ

葉の中の方が黄色から緑色に色づいています

 
春玉キャベツ: 春~秋に出回る、葉が柔らかい、みずみずしいキャベツです。形は丸く、葉は黄色や緑色に色づいています。触ると弾力がある、巻きのゆるいものを選ぶのが、おいしい春玉キャベツを選ぶコツです。生食やサラダにぴったりのキャベツです。

寒玉キャベツ
葉が全体的に白っぽいキャベツです。
寒玉キャベツ: 冬に出回る、シャキシャキとした歯ごたえのあるキャベツです。形は偏平で、中の葉は白いです。葉はしっかりと固く巻かれており、重量感のあるものを選ぶのが、おいしい寒玉キャベツを選ぶコツです。葉がしっかりしているので、煮込みに向いています。その他、関西ではお好み焼きにも使われています。


プチヴェール
結球していない芽キャベツ、プチヴェール。
プチヴェール: 冬の終わりから春にかけて出回る野菜です。結球していない芽キャベツのような見た目で、最近出回るようになりました。プチヴェールは、青汁で有名なケールと芽キャベツを掛け合わせてできた野菜で、甘く柔らかな口当たりで、甘いブロッコリーのような味がします。サッとゆでて、サラダやおひたし、スープの具にしてみてはいかがでしょうか。

  • グリーンボール: 春先に出回るキャベツで、バレーボールより一回り小さいくらいのキャベツです。葉は肉厚ながら、柔らかく、緑色の葉を持つキャベツです。葉が肉厚なので、ロールキャベツなどの煮込みに向いています。
  • 紫キャベツ: 葉の中も外も紫色のキャベツです。葉は、しっかりとして、肉厚でシャキシャキしています。サラダの彩りや、ピクルスにすることが多いキャベツです。ちなみにピクルスにすると、より一層紫色が鮮やかになります。
  • 芽キャベツ: 太く育った茎に、びっちりと小さい芽をつける芽キャベツ。1株から50~100個もの芽キャベツが取れます。小さいですが、栄養的には優秀で、ビタミンCなどはキャベツの4倍もの量を含みます。シチューなどの煮込みにぴったりです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。