普段着ダウンは手軽に家で洗いたい

ダウン
ダウンジャケットや綿入りジャンパーなどのアウター類は、クリーニングに出すと結構値が張るものが多いものです。着用回数も少ない今年のような暖冬は、クリーニングどうしよう? もったいないな、でも家で洗って失敗したら怖いな……と迷う人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ダウンや綿入りジャンパーを家で洗う方法をご紹介します。
 

家で洗うべきか? クリーニングに出すべきか?

洗濯タグ

家で洗いたいと思ったら、まずは洗濯表示をチェック(私物のユニクロ ウルトラライトダウンのタグです)


まず基本的なことですが、家で洗えるか否かは衣類タグの洗濯表示で確認しましょう。桶マークに×印が付いてなければ(上画像、左端のマーク参照)家で洗えます。

高級ダウンの部類になるモンクレールのダウンも、注意すべきポイントさえ押さえれば、実は家で洗う事が可能なタイプもあります。

<注意したいダウンの種類>
  • ウールや革などが使われている……家で洗える表示になっていても、ウールや革などが使われたタイプは洗濯後のケアが難しい事が多いので、素直にクリーニング店に持参することをオススメします
  • 撥水加工が施されている……撥水加工が施されたタイプは、洗濯機は不向き。洗濯機で洗うと生地の内側に入り込んだ水が撥水効果によって生地の外側に出づらくなり(脱水できない)、水風船を入れて洗濯機を回している状態になり、遠心力で洗濯機が揺れて倒れるなどのトラブルになるケースがあります。手洗い、もしくはクリーニング店の利用を推奨します
  • シームレスダウン……本来糸で縫いつける場所を接着剤を使って加工しているため、洗濯時の水や乾燥機の熱の力で接着剤の劣化が早まります。また、シームレスダウンの接着剤の寿命は平均して3年程度です。手洗いにせよクリーニングに出すにせよ、糸で縫ったダウンより寿命が短いものと思って着用しましょう
 

ダウン・綿入りジャンパーを家で洗うポイント

ダウンジャケットや綿入りジャンパーを家で洗う際に迷うこと、押さえておきたいポイントがいくつかあります。
袖

袖口や前身頃のファスナー部分、ポケットの汚れは目立つので、しっかり落としたいけれど……
 

 

Q1. 汚れが激しい部分の洗い方は?
ダウンや綿入りジャンパー類で汚れが気になる場所といえば、首まわりや手首まわりではないでしょうか。濃い汚れは、落ちづらい汚れです。

まず食器用のスポンジに、食器用洗剤(中性の液体洗剤がオススメ)などを用いて、首まわりや手首まわりの汚れをある程度処理しましょう。

Q2. オススメの洗剤は?
部分洗いを済ませたら、中性洗剤もしくはおしゃれ着洗い専用の洗剤を用いて洗いましょう。手洗い、もしくは洗濯ネットにていねいに折り畳んで入れて洗濯機の弱モードで洗います。

※弱アルカリの洗剤や粉末洗剤は、油分を多く落としすぎるため要注意。ダウンが本来持つ保温効果を弱める可能性があります。

Q3. 手洗いするときの注意点は?
ダウンや綿入りのジャンパーを家で洗った時の失敗談の多くは、ダウンがダマになって膨らまない、中綿が偏って元に戻らないなど詰め物の偏りによるものですが、これらは洗う前の準備で防ぐことができます。

手洗い、もしくは洗濯ネットに丁寧に折り畳んで入れてから、洗濯機の弱モードで洗いましょう。中綿の偏りリスクをほとんどなくすことができます。

Q4. 乾かし方にコツはある?
ダウンの場合は特に、洗濯時よりも乾燥時にポイントがあります。自然乾燥よりも乾燥機(もしくはコインランドリーの乾燥機)を使って乾燥させるほうが、偏りがなくなり、ふっくらと仕上がります。

その際に、フェイスタオル3枚程度をボール上に結んで槽内に一緒に入れると叩き効果も加わって、しっかり乾いてふっくら仕上がります。

今回は、秋冬のアウターでも意外と家で洗えるものが多いダウンジャケット・綿入りジャンパーの洗い方について紹介しました。

秋冬のアウターは手洗いに手間がかかることもありますから、購入金額が1万円以下であれば積極的に家で洗っても良し、数万するものは“もしも”のことを考えてプロに任せてしまう……といった自分なりの線引きも考え方のひとつだと思います。上記で紹介した洗い方の注意点などを参考にしてみてくださいね。

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で洗濯グッズを見る

Amazonで洗濯グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。