ボックスシーツはその強力なゴムゆえにたたみにくく、上手に工夫してたたまないとかさばって(下手すると丸めるだけなんてことにも)収納しにくくなってしまいます。

たたみ方のコツは角、角を重ねていくこと。コツをつかんでコンパクトに収納しましょう。


ボックスシーツのたたみ方手順

両隅を手でピンとのばす

両隅を手でピンとのばす

【1】ボックスシーツを裏返しにし短い辺を上にして持ち、左右の角に両手をつっこんでスタンバイ。

 

両方の隅をくっつけて、右側で左側を覆うように

両方の隅をくっつけて、右側で左側を覆うように

【2】両手を合わせるようにくっつけ、そのまま左手で右手をつかむような感じで右側の角へ左角部分を被せて

 

これで片方の短い辺がきれいに収まる

これで片方の短い辺がきれいに収まる

【3】角がずれないように気をつけながら右手をはずして上辺の右端を持ち、上辺を両手でピシッとのばします。

 

反対側の短辺もきれいに収まる

反対側の短辺もきれいに収まる

【4】反対側の両角も同じように手を入れて合わせ、今度は右手側を左側の隅に被せます。これでボックスシーツは縦半分の長方形に。ボワボワならずに整いました。

 

縦長長方形の上下の角を合わせる

縦長長方形の上下の角を合わせる

【5】今度は上下の角に左右の手を入れ、同じく両手を合わせるようにくっつけて

 

きちんと重ね合わせることで仕上がりがきれいに

きちんと重ね合わせることで仕上がりがきれいに

【6】左を右に被せて左手を抜き、同じく上の辺を両手でピンとひっぱって整えます。

 

布団の表に出る部分にシワがつかないことを第一に考えながらたたむ

布団の表に出る部分にシワがつかないことを第一に考えながらたたむ

【7】角が全て重なったらシワをのばして成形し

 

ここまでできればかさばらず、引き出しなどに収納しやすい

ここまでできればかさばらず、引き出しなどに収納しやすい

【8】何度か半分折りにしてちょうどよい大きさにすれば、完成です!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。