人とのトラブルや、対人関係でのイライラが多い人の例

話し合い

話し合いで相手と揉めてしまう人は、ちょっとした伝え方に問題があることも……


仕事でもプライベートでも、話し合いが苦手という人は少なくありません。中には、話し合いをしようとすると、しばしば相手と話がかみあわなくなったり、揉めたりしてしまうと、悩んでいる方もいます。そして、建設的な話し合いが苦手という方には、伝え方にしばしば2つの傾向が見られます。
 
一つは、自分の要望を伝える際に、つい相手を責める言い方になっているパターン。自分では前向きな提案として要望を言っているつもりでも、「どうして〇〇してくれなかったんですか?」「なぜ〇〇しようとしないの?」という言い方をされると、言われた方は非難されていると感じてしまいます。

そしてもう一つは、自分の基準での「当たり前」を、当然のこととして相手に求めてしまうパターン。「普通、みんなやってますよね」「こんな簡単なことがなぜできないの?」と、責めているような言い方になりがちです。
 

攻撃的な「YOUメッセージ」「WEメッセージ」で話し合いは破綻する

上記の2つの傾向は、話し合いがこじれてしまう会話のパターンである「YOUメッセージ」「WEメッセージ」に当てはまります。 「YOUメッセージ」とは「あなた」が主語になったメッセージ、「WEメッセージ」とは「我々」が主語になったメッセージです。

1. YOUメッセージ(「あなた」が主語になったメッセージ)
「あなたが○○するべき」「なぜあなたは〇〇しないのか」というように、「あなた=YOU」を主語にして、相手に要求する言い方になってしまいます。
 
2. WEメッセージ(「我々」が主語になったメッセージ)
「みんな○○しているのに」「私たちが迷惑しているのはあなたが○○しないせい」というように、「我々=WE」を主語にして、相手を責める言い方になりがちです。
 
この2つの言い方で自分の要求や思いを伝えてしまうと、相手は「攻撃的なメッセージ」だと受け止めます。攻撃を感知すると、人には動物的本能よって「逃げるか、闘うか」という心理と行動が生じます。これを「闘争・逃走反応」と呼びます。
 
つまり、相手が自分に何を要求しているのかを吟味する以前に、「そんな言い方することないじゃないか!」という思いが生じて、聞く耳を持てなくなってしまいます。あるいは、「〇〇さんだってやっている」「自分のせいじゃない」というように逃げる口実を探そうとしてしまいます。
 
こうなると、相手に気持ちを分かってほしい、行動を改めてほしいという思いをいくら伝えようとしても、うまく伝わらなくなってしまいます。さらには最初に覚えた不快感から、場合によっては恨まれてしまうこともあるでしょう。
 

話し合いを建設的なものにする「Iメッセージ」

相手にメッセージを伝えるのは、自分の気持ちを分かってほしい、行動を改めてほしいという思いを届けたいからではないでしょうか? そうであれば、その意図がきちんと伝わるメッセージを選択しなければなりません。
 
それが可能になるのが「Iメッセージ」です。「Iメッセージ」とはその名の通り、「わたし」が主語になったメッセージです。Iメッセージで自分の思い、要求を伝えると、相手は素直に耳を傾けやすくなり、自分の行動を振り返ったり、要求を吟味しやすくなったりします。
 
たとえば、相手に何かを要求するときには、「〇〇してくれると、(私は)うれしい、幸せ」「〇〇されると、(私は)とってもつらい、悲しい」というように、「わたし」を主語にして自分の素直な気持ちを伝えます。こうした言葉は、使い慣れていないと照れくさいかもしれません。しかし、照れくさい言葉にこそ自分の本当の気持ちが詰まっており、それを伝えることで、相手はぐっと心を動かされるのです。
 
すると、相手も「そうか、そういう気持ちなのか」と素直に受け取れ、相手の立場を想像しながら物事を考えるようになります。そして、相手が喜んでくれるように行動したいと思うようになります。
 
こうして相手が自分の要求に応じて行動してくれたら、再び「ありがとう」「うれしい」と素直な気持ちを伝えましょう。あなたのために色々と考え、行動を変えてくれた相手に対して、素直に感謝や喜びの気持ちを述べるのです。すると、相手はさらにぐっと心を動かされ、あなたの気持ちを思いながら行動したいと思うようになるでしょう。
 

まずは相手の心をつかむことから建設的な話し合いを

自分が要求して相手に行動を変えてもらうことは、並大抵のことではありません。相手の気持ちは相手のものであり、行動の決定権は相手自身にあるからです。したがって、自分の要求に沿って相手に行動してもらうためには、まず相手を尊重することが大切です。そして、相手に自分の意見に関心を持ってもらうように、伝え方を工夫していかなければなりません。
 
攻撃的な言い方で人が変わるのは、相手が切羽詰まった状況に置かれたとき、相手に危機意識があるときだけです。それ以外のシーンでいくら攻撃的な言い方で相手を動かそうとしても、相手は聞く耳を持ってくれません。
 
相手の行動を変えるには、相手の心をぐっとつかむこと。それには、あなたの素直な気持ちを相手に伝えることが最も効果的なのです。ぜひ、「Iメッセージ」を使って、相手にあなたの素直な気持ちを伝えてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項