ピーマンの旬っていつ?

ピーマンは夏から秋口にかけてが旬の野菜です。今は、ハウス栽培の技術も発達し、年中新鮮なピーマンが食べることができます。主な産地と時期は、大きく2つに分かれます。ひとつは夏秋ピーマンで、水はけのよい太平洋沿いの地域で露地栽培されています。もうひとつは冬春ピーマンで、ハウス栽培されています。主な産地と時期は次の通りになっています。
  • 冬春ピーマン(11月~5月):宮崎県、高知県県
  • 夏秋ピーマン(6月~12月):茨城県、岩手県、福島県

ピーマンの種類と時期について

ピーマン
ピーマンと言えばこれ!
ピーマン: ピーマンと言えば真っ赤に熟す前に収穫した、緑色のもののことを言います。薄肉中型でピカピカの緑色が鮮やかで、ところどころにくぼみがあるのが特徴です。シャリっとした歯ごたえがあり、採れたてのものは生でも食べられますが、日が経ったものは少々苦いので、加熱調理した方がよいです。


パプリカ
大型でカラフルなカラーピーマンです。
パプリカ: ピーマンと比べて厚みのある、大型肉厚で、ベルのような形をしています。甘みが強く、みずみずしくジューシーで、パリっとした食感なので、生食がおすすめです。赤・橙・黄・黒・緑・紫などのカラフルな色が揃っていますので、料理の彩りにもぴったりです。


ししとう
写真は伏見唐辛子です。
ししとう: 小型で細長い形のししとうも、ピーマンの仲間です。ししとうは、先端がライオンの口に似ていることから「獅子唐辛子」と呼ばれています。細長いもので、京都の伏見唐辛子、満願寺唐辛子などもししとうの仲間です。

その他:
アナスタシア: 新野菜のひとつで、小型薄肉のカラーピーマンです。ジューシーな味わいで、フルーツ感覚で食べることのできるピーマンです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。