お金を入れる財布は、金運を左右するとも言われています。2020年に持つなら、どのような財布が金運アップにつながるのでしょうか? 数秘&カラーから紐解いてみたいと思います。
 
2020年長財布

2020年金運アップにつながる財布の色や形はどんなの?

 

2020年のサポートカラーは「緑色・グリーン」

2020年は数秘&カラーでは、2+0+2+0=4。「4」のサポートカラーは、緑色・グリーンです。定番の人気カラーでもありますが、2020年の財布はいつも以上に!? 緑色・グリーンがおすすめです。

緑色・グリーンは、堅実、まじめ、誠意、慎重、コンサバティブ、伝統を受け継ぐ等の意味を持つ色。一気に金運アップというよりも、じわじわと上昇していくイメージですね。

ただし、緑色・グリーンと言っても、パステルカラーやエメラルドグリーン等では、色の持つ意味が変わってしまいます。コツコツと積み上げるためには、濃い緑色・グリーンのモノを選んでくださいね。
 

金運アップを狙うなら、やっぱり長財布!

長財布は、金運アップのマストアイテムとも言われています。なぜ、長財布が良いのかというと、それはお札の居心地の良さに関連しているのだとか。私たちは居心地が良いところに、ず~っといたいと思いますが、それはお札も同じこと。

長財布は、二つ折りの財布よりもゆったりと収納できるので、その分お札の居心地は良くなります。そして、お金がそこに居つくため、お金が貯まる、すなわち金運がアップすると言われているのです。

居心地の良さは、空間を整えるだけではダメ。お札を納めるときには、向きを揃えて、さらなる居心地の良さを追求していきましょう。
 

人からもらった財布にもツキがある!?

「4」および緑色・グリーンの意味には、伝統や受け継ぐという意味があります。これを踏まえていくと、両親や祖父母等が使っていた財布を譲り受けると、さらなるツキを期待できます。古い長財布ならメンテナンスして、使ってもよいですね。

また、両親や祖父母、会社の社長や上司、恩師等からプレゼントされた財布にもツキがありますよ。プレゼントをもらう機会があるのなら、長財布をリクエストしてみては!?

プレゼントされた財布は、贈ってくれた人の心がこもっています。相手に感謝し、気持ちを受け継ぐことは開運につながります。

緑色・グリーンに限らず、どの色の長財布を使っていても、お財布の中を整理することは忘れずに。お財布はお金の部屋。部屋が散らかっているところに、運やツキは回ってきません。余計なレシートやメンバーズカード等は整理して、運を呼び込みましょう。


【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。