今回は風水と数秘&カラーから、どのような部屋作りをすると2020年の金運アップに役立つのかを、お伝えしたいと思います。
 

2020年は協調性、基盤作りが基本

2020年は基礎固め、基礎作りに時間を費やしたい年です。数秘&カラーから導き出した数字およびサポートカラー(2+0+2+0=4)は「緑色・グリーン」ですので、これらの色をベースに部屋作りをするとよいでしょう。植物を配置した部屋作りなどがおすすめです。

基盤作りの年ですので、茶色、土色も取り入れたい色のひとつ。緑と土はとても相性が良いので、鉢植えで土を使っている観葉植物を置くとよいかもしれませんね。土を利用しないハイドロカルチャーでも植物を育てることはできますが、開運を目指すなら茶系のモノを選ぶとよいでしょう。
 

2020年金運UPの吉方位は「西」

数秘&カラーで吉方位を割り出していくと、「4」の年は東西南北に対してまんべんなく運気を呼び寄せるパワーを持っている年になります。そこで数秘&カラーと風水をあわせて、より良い運気の方位を作っていきましょう。

風水で金運アップを狙うなら、お金の縁を左右するとも言われている「西」に注目を!西に黄色は王道なのですが、その他にもゴールドやシルバーも、金運アップを手助けしてくれる色と言われています。これらの色をアクセントとして、部屋に取り入れてみてください。

また、西はコミュニケーションにも影響を与えると言われています。恋愛運をアップしたいなら、西にピンクのモノを取り入れるのがおすすめですよ。金運や人間関係に関する運を左右する西は、重要な方位です。どこから掃除をしたらよいのか分からないのなら、まずは西から整えましょう。
 

整理整頓が基本中の基本

出世を目指すなら南にグリーンを飾る、健康運なら南西をアジアンテイストにまとめるとよいのですが、それ以上に大切なのが部屋をキレイに保つことです。開運を目指すならまずは、部屋を掃除すること! 使っていない・使えないものを処分する、壊れているものは使えるように修理して使えるようにする等、持ち物の全てを活かす、運を回すことが大切です。
 
2020年の部屋

開運するためにインテリアをどうするかということは大切なのですが、それ以上に大切なのは掃除をすること


掃除の重点箇所は、運気を左右すると言われているトイレ、お風呂、キッチン等。水回りは念入りにしてください。各部屋も整理整頓して、良い運気を呼び込んでいきましょう。インテリアを変えるのが面倒、よく分からない人は、水回りをキレイに保つ、整理整頓を心がけるだけでも運の流れは変わってきますよ。ぜひ、実践してみてくださいね。

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。