独身の人の「老後資金」は書き出すことで不安解消できる

老後資金や老後破産に不安を抱えている独身・一人暮らしの人が増えているようです。老後のお金の不安は、見えない敵を「書き出す」ことで解消できるかもしれません。その方法や手順を解説します。
 
独身の老後資金の心配を解決する方法

独身の老後資金の心配を解決する方法


1.家計平均からみた老後資金不足額
2.身の丈を把握する
(1)今のお金の使い方を知る
(2)年金見込額を調べる
(3)過不足額を出して対策を考える
(4)老後の住まい
3.進むべき方向(目標)を定めて突き進む
(1)人生の目標を決める
(2)”使う“お金と”貯める“お金と”増やす“お金を分ける
(3)知識を身に付けて実践
4.おわりに
 

1.家計平均からみた老後資金不足額

まず不安の中身がどの程度のものなのかを知ることが解決への第一歩です。無職・独身世帯(平均年齢73.3歳)の家計調査を使って、今の平均的な一人暮らし世帯の老後資金不足額を見てみます。
 
老後資金の不安は書くことで解消できる

老後資金の不安は書くことで解消できる


手取収入である可処分所得が104,672円に対して、支出は147,236円です。収入から支出を引き算すると、毎月42,564円が足りないという結果になります。65歳に現役を引退して、100歳まで生きるとすると……
 
不足額42,564円×12(カ月)×35(年)=17,876,880円
 
老後資金の不足額は、約1,790万円ということになります。
 
この1,790万円という金額は、あくまで平均から算出した不足額です。
 
前年の調査結果を使って計算した場合は、約2,000万円が不足でした。
月々の不足額は5千円の違いですが、35年分になると200万円以上の違いになります。

1年で200万円以上が変化した老後資金の不足額1,780万円をどう思いますか?逆に急に2,500万円必要となる年もでてきそうです。よくわからない数字に振り回される必要はありません。
 

2.身の丈を把握する

自分自身のことを知ることで足元を固めます。
現代でもビジネス書として多くの人に読まれている中国古典の兵法書「孫子」では、敵と自分(味方)のことをわかっていれば百戦百勝、自分のことだけでもわかっていれば一勝一敗、どちらもわかっていないと全戦危うい、とされています。
 
老後の資金について考える時にも、節約法とか運用法などの手段よりも、まずは己(自分の今の家計の状況)を知りましょう。その手順を紹介します。
 

(1)今のお金の使い方を知る

まずは単純に毎月いくら使っているか、お金が減っていないかを調べます。家計簿を毎日つけるのは続けるのが面倒だという方は、銀行口座の残高でチェックします。
当たり前のことなのですが、お金を貯めていくには、

収入 - 支出 > 0円 
の状態にしなくてはいけません。つまり、収入よりたくさん支出するとお金は減るということです。マイナスになっている場合は何にいくら使っているのかを書き出しましょう。
 

(2)年金見込額を調べる

ねんきんネットで年金見込額を確認します。条件を変えて試算することができます。わからない場合は「かんたん試算」を使いましょう。その他に確定拠出年金などがあれば、見込額を加算していきます。これらも書き出します。
 

(3)過不足額を出して対策を考えてみる

(見込)過不足額= 年金見込額 -今の支出額
 
①まずはそのままの金額で計算する

②今、削れそうな費用、あるいは老後には支出の必要がなくなる費用を【今の支出額】から除く
 
この時点でプラスになるときは、これから老後を迎えるまで、➀時間があるなら、リスクを取って資産運用、➁時間がないならリスクを抑えた資産運用に取り組みましょう。

まだマイナスならば……
③年金を増やす
→免除期間の国民年金保険を追加で納付する(加入期間を増やす)
→確定拠出年金で金融商品を組み替えながら増やす
→年金受給開始年齢を遅らせる計画をたてる(将来制度が変わるかもしれませんが)
→給料を増やす:今の職場で頑張る、転職する、などです。

④年金以外の資産を増やす
 

(4)老後の住まい

もう1つの独身老後の心配ごとが住まいです。しかし、未来のことは誰にもわかりません。20-30年後は制度や仕組みは変わっているでしょう。だから過度な心配は不要です。

現時点では、動けなくなった時にどのような選択肢があるのか、費用がいくらくらいかかるのかという程度の情報収集で良いです。有料老人ホーム等の種類や施設の入居費用・賃料などは、各都道府県庁のホームページで説明・公表されています。

私個人の意見ですが、現在の空き家率は約13%。2030年には30%を超えると言われているので、大都心でない限り家は有り余っていて、安く生活できるのではないかと思っています。さらに、自動運転車やドローンの実用化で不便さが解消され、むしろ広々とした地方の方が快適で人気になり逆に地価が上がる時がくるという想像をしています。

とにかく何とかなる・何とかする、と思うことです。
 

3.進むべき方向(目標)を定めて突き進む

(1)人生の目標を決める

理想の生活を実現するために何が必要か、いくらかかるかを調べて書き出してみます。
楽しい想像をしながら書くことがポイントです。

遺言やエンディングノートを書いてみると具体的に考えやすいかもしれません。
(独身だけど)誰に何かを伝えるべきか、どんな最後を迎えるのがよいか、財産をどうするのかを真剣に考えてみましょう。

目標が大きすぎたり遠すぎてぼんやりしていたりだと、意味のないものになってしまうので、大きな目標に向かう小さな目標(1週間、1日単位)も作ってください。
 

(2)お金を分別しておく

人生の目標が明確になったところで、次にお金をどう使い、貯め、増やすのかを考えます。次の表はお金の分別例です。自分の目標には何が必要かをしっかりと考えて分別してください。
 
独身一人暮らしの老後資金について考える

独身一人暮らしの老後資金について考える

 

(3)知識を身に付けて実践

最後にどのように貯めていくのか、お金を増やしていくのかという手段を学び、学びを実践していきましょう。

おすすめの学び方は、基礎知識を書籍で身に付け、商品知識を金融機関や協会(銀行や投信、証券業)のホームページで知り、実践方法をブログから吸収することです。
実際にはやりながらでないと気付かないことが沢山あると思います。

iDeCoやNISAなど優遇される制度のことも知ったうえで上手く活用してください。
 

4.おわりに

書いてみることで、老後資金に対する不安が大したことないな、何とかなりそうだなと思っていただけたのではないでしょうか。人生は予想外のことがたくさん起こると思いますが、自分のやるべきことが見えていれば、不安に感じたり道に迷ったりすることはなくなるはずです。

【関連記事をチェック】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。