今回はこんな質問が届きました
「スキンケアパウダーって何ですか? どうやって使うのですか?」

 

Q. スキンケアパウダーを最近よく見かけます。スキンケアパウダーの使い方を教えてください。メイクに使えるものなのでしょうか? パウダーは乾燥しそうな気がするのですが、肌に塗っても悪くないのでしょうか?(20代・会社員))



 
スキンケアパウダーなら軽いメイクにもOK

スキンケアパウダーの使い方は? スキンケアにもメイクにも◎

A. むしろ逆です。スキンケアパウダーは使ったほうがキレイになりますよ!

スキンケアパウダーとはその名の通り、スキンケアできるパウダー。スキンケア成分をパウダーの中に閉じこめているので美白などその目的に応じて使え、肌をキレイに見せながら、肌そのものをキレイにするというスグレモノ。ふわっと薄化粧しているみたいな仕上がりになるので、彼とのお泊りする日なんかに使う人が多いらしい。夜も使えるわけだから、クレンジング不要! とくれば使わない手はない~。ってことでスキンケアパウダー、人気なんですよ!
 

乾燥肌さんでもOK! スキンケアパウダーの効果・機能

スキンケアパウダー、商品によっても機能は違いますが、皮脂や汗のベタつきを抑え肌をサラサラにしてくれるのはもちろん、潤いを与えたり美白したり、ニキビを防いだりスキンケア効果があるのが特徴です。

パウダーは乾燥するんじゃない? って心配する方もいますが、これがね、大丈夫なの。むしろパウダーなのにつけていたほうが肌が潤っちゃう。ベタつかず肌をサラっと品よく見せてくれる、そこがいいところよね。また最近は寝ている間専用の夜用スキンケアパウダーなんかも登場してパウダーの新しい可能性を感じさせちゃいます。
 

メイク効果を期待するならフェイスパウダーのほうが頼もしい

つけていれば肌に好影響だし、キレイに見えるスキンケアパウダーなのですが、メイクの仕上げのパウダーとして考えるなら、機能的には一般的なフェイスパウダーのほうが向いています。

なぜならスキンケアパウダーはスキンケア重視、フェイスパウダーは肌キレイに見える仕上がり重視でつくられているから。そこはシーンや目的によって使い分けが必要ですね。素肌でいたいけれどちょっとくすみがあるなぁとか赤みが気になるのよね、すっぴんよりキレイでいたい……なんてときにはスキンケアパウダーはピッタリ。ケア中心に考えている方にはとってもいいパウダーだと思います。
 

スキンケアパウダーの使い方

キレイに見せたいけど、スキンケアもしたい! って方におすすめの使い方として、化粧下地をつけた後、スキンケアパウダーまずをつけてから、その上にファンデーションをつける。もしくはこれからのベタつく季節には化粧下地がわりにスキンケアパウダーを使ってもよいです。

特に汗をすごくかく日、スキンケアの後に、スキンケアパウダーをつけて肌をサラサラにしてからベースメイクすると化粧崩れが抑えられます。リキッドでもいいのですが、パウダータイプのほうがスキンケアパウダーとフィットして動かないので適しているかな。気になるTゾーン周辺など部分的に使うのもおすすめです。

ちなみに私は昨年の猛暑でダラダラに汗をかくときには、ベビーパウダーを使っていました。汗の塩分で肌にカユミが出て敏感に傾いていた時、肌に刺激がなくよかったんです。ただベビーパウダーは仕上がりがあまりよろしくないのです。スキンケアパウダーならいい感じの仕上がりで今年はこれ使います! 時代と共にいいものが出てきてうれしいなぁ。ぜひ、気になる方は使ってみて下さい。パウダーの上にパウダーのW効果で紫外線対策もバッチリ期待できちゃいますよ! 基本的にパウダー好きの私、スキンケアパウダー、おすすめです!
 

山本浩未さんおすすめアイテム

スキンケアパウダー<フェイスパウダー>/エテュセ

スキンケアパウダー<フェイスパウダー>/エテュセ

24時間素肌でいるより肌によいスキンケアパウダー
日中はスキンケア&メイクの仕上げに、透明感のある肌へ。夜はいつものスキンケアの後にプラス。肌荒れが気になる、乾燥や肌のキメが気になるときに。パフに取り、肌の上を滑らせるように塗布すればOK。スキンケアパウダー<フェイスパウダー>1,900円(税抜)/エテュセ
 
バナー 
?

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。