東西南3方向それぞれに大きなガラス面が多く配された外観の富山美術館。

人々と、アートやデザインをつなぐのがコンセプト


小さな子供を持つ親御さんから、美術館は子供がいるからなかなか行けないという声を聞きます。確かに、静かな空間で子供が騒いだり、展示品を触ろうとしたり、途中飽きてしまったりと、想像するだけで大変そうです。

子供の絵画や工作ガイドをしている私としては、小さなお子さんにも美術館を楽しんでほしい。そんな思いから今回イチオシするのは「富山県美術館 アート&デザイン」です。芸術鑑賞だけではなく、アートを通して発見や気づきを体感することができるので、大人も子供も楽しめるワクワクする美術館です。
 

アート体験と交流の場がコンセプトの美術館

館内からは環水公園や立山連峰の美しい眺望を四季折々に楽しめる

環水公園や立山連峰の美しい風景が望める


私は美術館巡りが好きで、全国のいろいろな美術館へと出向いては、美術鑑賞や、建築・空間デザイン鑑賞をしています。そんなとき富山県美術館を訪れ、すっかり魅力にはまってしまいました。ここは親子で楽しく休日を過ごす体感型美術館なのです。
 
富山県美術館は、老朽化した富山県立美術館のコレクションを引き継ぎ2017年にオープンしました。新時代に対応するためのデザインの視点を積極的に取り入れ、人とアート、デザインをつなぐ場となることを目指しています。 誰もが気軽に訪れ、いつでも楽しめる場であるよう、館内にはさまざまな工夫がされています。

 

観て、創って、触れて実感するアートとデザインのおもしろさ

常設展示では有名なピカソ、ロートレック、シャガールなどの作品を観ることができます。そして無料エリアは子供の好奇心を引き出す体感型のスペースが盛りだくさん。

特におもしろかったのは、体の動きで光のアートを創り出すインタラクティブアート体験です。子供達がワイワイ体験している中、大人ひとり混ざって楽しんできました。

また人気スポット、オノマトペの屋上には、ひそひそ、ふわふわなどの擬音語の名前が付いたカラフルな7つの遊具があります。
 
富山県美術館屋上は「ひそひそ」「ふわふわ」「うとうと」等どれも子どもが夢中になる遊具が揃う

無料スペース、オノマトペの屋上


夜はライトアップされた環水公園や世界一美しいと言われるスターバックスもあり、雰囲気のよいデートスポットへと変わります。アートに触れて体感できる「富山県美術館 アート&デザイン」。ぜひ足を運んでみてください。

DATA
富山県美術館

[開館時間]
美術館:9:30~18:00(入館は17:30まで)
屋上庭園:8:00~22:00(入館は21:30まで)12/1~3/15は休館    
[休館日]毎週水曜日(祝日除く)祝日の翌日・年末年始
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。