台北の夜市2:饒河街夜市

饒河街夜市
グルメ夜市として地元で人気なので、早めの時間に行くのがコツ
饒河街夜市は全長600mの道に一直線に続いていて、コンパクトながらも地元の人たちに大変人気があります。屋台は140軒ほどで、その周りにある一般の店を合わせると500軒くらいあります。

ここの夜市は屋台の脇にテーブルが多く用意されているのも人気の理由の一つ。ただし夕食時は地元の人ですぐいっぱいになってしまうため、私たち観光客がテーブル席でじっくり味わうなら開店時間の17時までに着くといいでしょう。
 
饒河街夜市
スパイシーな胡椒餅は中身が熱いのでやけどに気をつけて
名物屋台は牡蠣麺の「東發[虫可]仔麺線(トンファーオーアーミーソァ)」、薬膳スペアリブスープの「陳董藥燉排骨(チェンドンヤオドゥンパイグー)」、胡椒を振った豚肉の釜焼きパン「福州世祖胡椒餅(フーヂョウシーズーフージャオピン)」など。なかでも福州世祖胡椒餅は、19時を過ぎると20~30分待ち必須の超人気店です。

おなかがいっぱいになったら腹ごなしに服飾問屋街の「五分埔(ウーフェンプー)」まで歩くのもおすすめ観光コースです。

<DATA>
■饒河街夜市(ラオホージエイェスー)
住所:台北市饒河街付近
アクセス:台鉄松山駅徒歩2分
営業時間:17:00~22:00
定休日:旧正月
 

台北の夜市3:寧夏路夜市

寧夏路夜市
小規模ながらも根強い人気の寧夏路夜市。迪化街も徒歩圏内にあります
寧夏路夜市はMRT中山駅や雙連駅から歩いて10分くらいのところにあります。士林夜市や饒河街夜市から比べると小規模ですが、寧夏路夜市は比較的街の中心近くにあり、台北駅からならタクシーで5分位。このくらいの規模のほうがかえっていいという事で根強いファンが多い夜市です。人混みは苦手だけど夜市の雰囲気を味わいたい、という人にもぴったりですね。

寧夏路夜市のおすすめ屋台は
  • 塩酥鶏 
    生の状態で材料が並んでいるので、材料を指さしでオーダー。串に刺してあるものは炭火焼に、そうでないものはフライにして袋にまとめて入れて、スパイスをまぶしてくれます。甜不辣(てんぷら)と呼ばれているさつま揚げがおすすめ
  • 方家の鶏肉飯 
    ほぐした鶏肉がさっぱりとしながらもジューシーで美味しい
  • 頼鶏蛋[虫可]仔煎の[虫可]仔煎 
    常に行列ができるお店。プリプリの牡蠣オムレツが味わえる
またこの近くは豆花(豆乳プリン)や練乳かき氷が美味しい店「古早味豆花」や魯肉飯の名物店「三元號」が近くにあり、夜市のついでに他のグルメも楽しめます。

<DATA>
■寧夏路夜市(ニンシャールゥイェスー)
住所:台北市寧夏路
アクセス:MRT中山駅徒歩約10分
営業時間:18:00頃~
 

台北の夜市4 :臨江街夜市(通化街夜市)

右の紅白の屋根が臭豆腐が美味しい店、紅[虫馬]蟻鉄板焼

右の紅白の屋根が臭豆腐が美味しい店、紅[虫馬]蟻鉄板焼

地図上では臨江街夜市という名ですが、地元の人たちはここを通化街夜市と呼んでいます。地元の若者で賑わう臨江街夜市は服飾系がとても安く、中には市価(台北の市価)の3分の1なんていう商品もあるほど。もちろん食べ物の屋台もあり、活気にあふれています。

もしも台湾名物「臭豆腐」が苦手なら、ここ通化街夜市にある紅[虫馬]蟻鉄板焼(台北市臨江街7號)の臭豆腐を試してみては?ここの臭豆腐は、ほんとに絶品! 屋台ではなく普通のお店なので、テーブルに座って食べられます。

<DATA>
■臨江街夜市(通称:通化街夜市;トンホワジェイェスー)
住所:台北市臨江街
アクセス:MRT板南線市政府駅から徒歩約20分、またはMRT六張[利/牛]から徒歩約20分、タクシーなら約5分(タクシーの場合は通化街夜市と言っ たほうが通じます)
営業時間: 16:00~25:00ぐらいまで
 

台北の夜市5:師大夜市

学生向けの店が多い

学生向けの店が多い

師範大学の側にある師大夜市には小規模ながら学生向けの屋台や洋服の店、シックなシルバーアクセサリーの店や落ち着けるカフェなどが集まっています。また このエリアには猫がたくさん店内にいることで有名な猫カフェ・極簡もあります。

台電大楼駅の近くには頂好(ウェルカム)というスーパーマーケットがあるので、帰りに立ち寄るのもいいですね。

<DATA>
■師大夜市(シーダーイエスー)
住所:台北市龍泉街
アクセス:MRT台電大楼駅3番出口より徒歩約5分
営業時間:17:00~
定休日:なし