野暮ったく見えないスニーカーコーデのコツとは?

WEAR

スタイルアップして見えるスニーカーコーデのコツとは?

すっかり市民権を得たスニーカー。ですが、大人女性がヒールのないスニーカーをコーデに投入すると、「何だかもっさり映ってしまいそう……」「スタイルが悪く見えない?」などと心配の声も上がっています。そこで今回は、スニーカースタイルでもすっきりスタイルアップできるコーデのコツを4つご紹介。早速、見ていきましょう!
   

1.ボトムスと同系色のスニーカーを選ぶ

WEAR

出典:WEAR

スニーカー初心者の方は、活用頻度の高いボトムスのカラーと同系色のスニーカーを選ぶと、視覚的に脚長効果が狙えます。

さらにロング丈のボトムスや、ロング丈のアウターと合わせると、細く長いシルエットを演出でき、スタイルアップ効果が期待できます。
 

2.スニーカーにインヒールを取り入れる

WEAR

出典:WEAR

普段ヒールを履いている人にとっては「スタイルが悪く見えそう……」と敬遠されがちなスニーカー。どうしてもぺたんこに抵抗がある場合は、インヒールを取り入れるのがおすすめです。足首がスッキリして見え、膝下も長く演出できます

クッション性が増し、疲れにくくなるのも嬉しいポイントです。
   

3.タイトスカートを合わせてIラインを作る

WEAR

出典:WEAR

女性の特権であるスカートは、カジュアルな印象の強いスニーカーコーデも、女っぽく仕上げてくれる頼もしい味方。

特にタイトスカート×トップスIN×スニーカーコーデは、縦に長いIラインシルエットを演出してくれて、スニーカーでもスタイルアップ効果が狙えます。

春らしくエレガントな雰囲気を醸し出してくれるレーススカートは、スニーカーを投入しても女性らしく、プリーツスカートの場合は、スニーカーを合わせても可愛らしく見えて、おすすめです。

 

4.パンツコーデは、小物やカラーを上手に取り入れて、エレガントさを演出

WEAR

出典:WEAR

女性らしさを演出しにくいパンツコーデにスニーカーを投入するのは、カジュアル過ぎて、大人にとってはスカートよりも難易度が高め。デニム合わせや、クール過ぎるパンツ合わせは、小物やカラーで女性らしさを醸し出したり、身体のラインが出るコンパクトなシルエットを選ぶのが正解です。

例えば、スニーカー×デニムには、着るだけでモテが叶うホワイトやピンクのトップスを合わせて、女性らしく整えるのが◎。また、パンツの中でも、どこか女性らしさがキープできる白パンツは、スニーカー×パンツ初心者にとって心強い味方です。

ワイドパンツとコーデする際は、首元や手首、足首といった3首を出して抜け感を作ると、今っぽく映ります。


以上、スニーカースタイルでもスタイルアップして、野暮ったく見えないコーデのコツを4つご紹介しました。これを参考に、この春もスニーカーコーデにトライしてみてくださいね!

===========================
【取材協力】
WEAR(ウェア)
===========================

▼注目のファッショントレンド記事はこちら
GU(ジーユー)で大人女性におすすめの春シューズ3選
大人のリュックコーデのコツと、おすすめコスパリュック3選
高見えするコスパデニムの選び方・おすすめアイテム5選
オンオフOK!「Uniqlo U」おすすめベーシックアイテム3選
一足お先に春気分! ZARAのコスパバッグおすすめ3選
パーカーって手抜きに見える?アラフォー向け選び方と着こなしのコツ
アラフォーおしゃれ迷子に贈る!着こなしのポイント3つ
おばさんにならないパンツのコーデ・選び方
今買って、春まで使えるユニクロのアイテム5選
ぽっこりお腹をカバー! 着やせコーデのコツ4選

▼注目のファッションイチオシ記事はこちら
レモンが香る不思議なレインシューズ
一見の価値アリ!平成最後に見ておくべき展覧会
ZOZOがユニクロに挑んだ冬物インナーの自信作
デザイン良し、機能良し!豪発の注目のトートバッグ
日本の美意識が感じられる「matohu(まとふ)」の長着

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。