この秋履きたいスニーカーとは?

WEAR

今秋履きたいスニーカー

コロナ禍の影響を受け、リラックスした着こなしを求める方が多くなっています。そこで、ラクチンな履き心地のスニーカーが、この秋も引き続き注目を集めています。

秋にスニーカーを新調するなら、コーデをブラッシュアップしてくれる季節感のあるカラーがイチオシ。アクセントになるホワイトやビビッドカラー、コーデを引き締めてくれるブラックカラーといったダークな色味、こなれ感を醸し出してくれるニュアンスカラーなどがおすすめです。また、レザーやスエード素材のスニーカーは落ち着いた印象で、秋コーデにぴったり。

今回は、今秋履きたいおすすめスニーカーコーデを4点ピックアップ! スニーカー選びに悩んだら、ぜひ参考にしてみてください。
 

1. 爽やかなアクセントになる「ホワイトカラー」

WEAR

出典:WEAR

ダークカラーの装いが増えてくる秋は、コーデに爽やかなアクセントを加味してくれるホワイトカラーのスニーカーがおすすめ。また、ロングスカートで作るフェミニンなスタイリングや、ミニマルシックなコーデがトレンドに挙がっている今秋、そんなコーデに合わせやすいホワイトカラースニーカーは、活用頻度が上がること請け合い。また、白スニーカーは様々なブランドやメーカーが打ち出しており、選びやすい点も人気の理由です。

こちらは、「Nike(ナイキ)」から登場している、つま先が足袋のように分かれたデザインが特徴的な人気モデル「AIR RIFT(エアリフト)」を投入したコーデ。フィット感のある履き心地で、リピーターが多くなっています。普段のスタイリングにプラスするだけで、おしゃれにスポーツミックスコーデが叶う一足です。

半袖Tシャツにベージュカラーのロング丈スカートを合わせたフェミニンコーデに、エアリフトを投入すれば、カジュアルダウンな着こなしに。肌寒さを感じたら、カーディガンを羽織るのが正解です。
 

2. こなれ感のある「ニュアンスカラー」

WEAR

出典:WEAR

履くだけでおしゃれに見えるニュアンスカラーのスニーカー。ニュアンスカラーとは、複数の色味が混ざったような曖昧な中間色のこと。ビビッドカラーといった鮮やかな色や、ペールカラーといった明るい色とは異なり、全体的にくすみがかったようなグレーっぽい色合いが特徴となっています。「くすみカラー」や「スモーキーカラー」といった表現も同義です。

グレージュやエクリュ、ブルーグレーなどの柔らかい色合いのニュアンスカラーは、履くだけでおしゃれに見えて、こなれ感を運んできてくれます。

こちらは、「CONVERSE(コンバース)」の中でも愛用者が多い「ALLSTAR(オールスター)」のエクリュカラーのローカットスニーカーを合わせたコーデ。オーセンティックなルックスは、シンプルでありながら存在感があります。画像のように、一つの色のみで統一させるワンカラーでまとめたコーデに投入すると、おしゃれ度がアップ。シーズンレスで流行問わず使えるので、一足持っていると重宝しますよ。
 

3. ブーツ感覚で履ける「ハイカットスニーカー」

WEAR

出典:WEAR

秋は、ショートブーツ感覚で履けるハイカットスニーカーに注目。ハイカットスニーカーとは、その名の通り「履き口が高いスニーカー」のこと。シンプルなデザインでも足元にボリューム感が出て、存在感のある着こなしが楽しめます。ワンカラーコーデや、ハイカットスニーカーを差し色にしたコーデがおすすめです。また、コーデの引き締め役としてブラックカラーもおすすめ。

スニーカー選びに迷ったら、不動の人気を誇っているコンバースのハイカットスニーカーがイチオシ。カラー展開が豊富なので、お気に入りの一足が見つかりますよ。

こちらは、コンバースのオールスターのハイカットスニーカーを投入したコーデ。通常モデルより上質なキャンバスがアッパーに使用されているタイプで、しっかりと馴染む履き心地で、丈夫な一足となっています。ブラックカラーのロング丈ワンピに、パープルカラーのハイカットスニーカーが、さりげなく大人っぽいアクセントを添えています。秋らしさを感じさせたいなら、ジャケットやカーデを投入して。
 

4. 野暮ったさがダサ可愛い「ダッドスニーカー」

WEAR

出典:WEAR

どこか懐かしさを感じさせるデザインと、程よいボリューム感が魅力の「ダッドスニーカー」が、引き続き人気を集めています。ダッドスニーカーとは、“DAD=お父さん”の意味で、おじさんが履くような、靴底が厚くて幅が広いボリューム感のあるスニーカーを指します。ダサかっこいい感じが逆に新鮮味があるといった理由から、おしゃれな人の間で話題になっています。

ナイキや「adidas(アディダス)」などのスポーツブランドだけでなく、「BALENCIAGA(バレンシアガ)」といったラグジュアリーブランドからも登場しており、選ぶ楽しみがあります。

こちらは、ダッドスニーカーブームの火付け役となった、ナイキの「AIR MONARCH IV(エア モナーク IV)」を主役にしたコーデ。カジュアルスニーカーとしての存在感が抜群の一足です。クッションが効いているほか、耐久性に優れたサポート力で、快適な履き心地を実現してくれます。

以上、今秋履きたいおすすめスニーカーを4点ご紹介しました。この秋も引き続き、スニーカーコーデを楽しんでくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。