年収200万円のサラリーマンのふるさと納税の上限額は?

年収200万円(給与所得)のサラリーマンの場合、ふるさと納税の上限額の目安はいくらでしょうか?上限額とは、最低負担額2000円で済む寄付金額の目安です。前提として、所得控除は、配偶者控除(一般)・配偶者特別控除はなし、扶養控除、基礎控除と社会保険料(年収の15%とみなす)のみを考慮して計算しています。

【関連記事をチェック!】
年収500万円の人の「ふるさと納税」上限額はいくら?
年収200万、300万円の会社員のふるさと納税の上限額の目安は?

年収200万、300万円の会社員のふるさと納税の上限額の目安は?



1.独身者又は夫婦共働きの場合(所得控除は社会保険料控除と基礎控除のみ)
約15,000円 (うち2,000円は負担額)
 
2.専業主婦(夫)やパート(配偶者控除適用)の場合(所得控除は配偶者控除と社会保険料控除、基礎控除のみ)
約7,000円 (うち2,000円は負担額)
 
3.上記2に高校生がいる場合(所得控除は配偶者控除と扶養控除、社会保険料控除、基礎控除のみ)
0円

 
年収200万円では、専業主婦やパート(配偶者控除適用)と高校生の扶養親族がいる場合、上限額が0円となり、ふるさと納税をしても税の軽減を受けられませんので、寄付額がそのまま負担額となります。ご注意下さい。
 

一方、年収300万円のサラリーマンの上限額は?

年収300万円(給与所得)のサラリーマンの場合、上限額の目安は以下になります。
前提は上記年収200万円と同様とします。
 
1.独身者又は夫婦共働きの場合(所得控除は社会保険料控除と基礎控除のみ)
約28,000円 (うち2,000円は負担額)
 
2.専業主婦(夫)やパート(配偶者控除適用)の場合(所得控除は配偶者控除と社会保険料控除、基礎控除のみ)
約19,000円 (うち2,000円は負担額)
 
3.上記2に高校生がいる場合(所得控除は配偶者控除と扶養控除、社会保険料控除、基礎控除のみ)
約11,000円(うち2,000円は負担額)

 
(総務省ふるさと納税ポータルサイトより)

上記金額はあくまでも試算(目安)となりますので、実際に寄付を行う場合には、寄付先に確認をするようにして下さい。なお、公開されている試算できるサイトもありますので、信用できるサイトであるかを判断しながら、活用するようにして下さい。
 

上記のように、ふるさと納税の上限額は、年収により異なります。また、配偶者控除や扶養控除、医療費控除などの所得控除、そして、配当控除や住宅ローン控除などの税額控除によっても異なりまので、実際に寄付を行う際には、十分に注意・検討することをおすすめします。

【関連記事をチェック!】
お金が戻る!2019年版 確定申告マニュアル
ふるさと納税と医療費控除を両方使う人の注意点
ふるさと納税ってどうしてお得なの?その仕組み
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。