健康に気を付けて食生活を見直してみたい方にオススメ

年を重ねるごとに、自分の健康が気になりませんか?

健康への注目度が増すと、まず目が行くのが食生活。そんな食生活をちょっと見直したい方に、ぜひオススメしたいのがフランスはカマルグ産の塩、「グロ・セル」です。
塩、粗塩、グロ・セル、粒、カマルグ

結晶になっている粒の大きさが見えます

 

フランス産の塩って、違いは何?

フランス産の塩、「ゲランド」あたりはお聞きになったことのある方も多いのでは? とはいえ、カタカナ名がいろいろあってよくわからん!という方も多いはず。まずはフランス各地の塩をご紹介しましょう。
 
フランスには塩の三大産地、
  • ブルターニュ地方のゲランド
  • 大西洋岸のイル・ド・レ(レ島)
  • プロヴァンス地方のカマルグ
があります。
「ゲランド」や「カマルグ」というのは、地名だったんですね。
 
塩、粗塩、グロ・セル、カマルグ、イル・ド・レ、ゲランド、海、

左から、ゲランド、イル・ド・レ、カマルグ産の粗塩「グロ・セル」


いずこも海水を塩田に引き込み、太陽熱と風によって水分を蒸発させて、じっくりと濃縮された海水からできた塩の結晶を収穫しています。
 
こうしてできる塩には、大きく3つのタイプがあります。
  • グロ・セル
  • セル・ファン
  • フルール・ド・セル
グロ・セルはいわゆる「粗塩」。大粒の塩です。それを細かく砕いたのがセル・ファン。日本の方には一番見た目に馴染みがあるタイプです。最後のフルール・ド・セルは、塩田で濃くなった海水に浮かぶ結晶を手作業で掬い取ったもの。最高品質の塩と言われています。一雨降るだけで簡単に流されてしまうため、貴重でもあるわけです。「塩の花(=フルール・ド・セル)」と呼ばれるのも納得ですね。

 

「グロ・セル」で素材の味を楽しむ

さて、このグロ・セル、上の写真にあるように、産地によって色や形状が違うのがわかりますか?

ちょっと口に含んでみると、味がとんがっておらず、風味にまろやかさを感じます。個人的には右のカマルグ産から順に、イル・ド・レ産、ゲランド産と味が強くなるように感じます。機会があったら、ぜひ違いを試してみてください。

美味しい塩で味付けた料理はやっぱり美味しいものです。たとえば、2リットルくらいのお湯に、たっぷり大さじ1杯ほどの「グロ・セル」を入れ、パスタを茹でます。茹で上がったパスタは味が”くっきり”しており、バターを落としただけでとても美味しく感じます。具をさっと炒めた自家製ソースをあわせる場合も、あまり調味料を入れる必要がありません。
 
パスタ、塩、素材、味、引き立てる

パスタの味がくっきりすると、簡単なソースでも美味しさが増す


野菜を茹でる時にも使います。ニンジン、ズッキーニ、インゲンなどの野菜をシンプルに茹で、何もかけずに食べます。野菜の美味しさをシンプルに味わうことができます。

素材を味わうと、食を介した健康づくりにつながるように感じます。
 

1kgって多すぎない?

我が家ではいつも「グロ・セル」を1kgの袋で買っています。塩1kgというとかなり大量な感じがしますが、塩は腐ることはないので、ゆっくりと使うことができます。

パスタや野菜を茹でる以外にも、砕けば調味料としても使えます。食卓だけでなく、お風呂に入れる「バスソルト」として使うこともできます。それでも多い、という方は、友人やご近所におすそ分けすると、喜ばれると思いますよ!
 
塩、粗塩、グロ・セル、フランス、カマルグ、天然、塩田、太陽、地中海、

1kgで多い!という場合には、お友達やご近所とシェアなんていうのも良いのでは


■DATA
メーカー名:カマルグ
商品名:カマルグ グロ・セル
価格:1324円(税別)~
容量: 1kg

 

関連記事はこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。