ST20G5 パッケージ
Shuttle ST20G5 の箱はプリンタより少し大きい程度

ベアボーンって何?

PC 雑誌を読んでいて「ベアボーン」という言葉を見かけたことはありませんか? ベアボーン(Bare Bone)とは、「むき出しの骨」という意味で、半完成の状態で販売されている PC のことです。今回は、ガイド一押しのベアボーン PC と、その組み立てについて解説します。

最初に、PC を構成するパーツ(部品)をまとめてみます。PC によって多少の違いはありますが、以下のようなパーツ(部品)から構成されています。

  • ケース
  • マザーボード(M/B)
  • 電源
  • CPU
  • メモリ
  • HDD
  • 光学ドライブ(DVD±RW ドライブなど)
  • FDD
  • ビデオカード(不要の場合もあり)
  • キーボード
  • マウス

    自作 PC の場合、これらすべてのパーツをそれぞれ購入し、組み立てる(自作する)必要がありますが、ベアボーンは、ケース、M/B、電源があらかじめ組み合わされて販売されているのがふつうです。

    逆にいえば、それ以外のパーツは、自分で選んで購入する必要があります。ですが、M/B の取りつけや主要なケーブルの配線が終わった状態で売られているため、完全な自作 PC と比べれば簡単です。

    なお、ショップ自身が選んだパーツを組み合わせて売っている完成品 PC は、「ショップブランド」(ホワイトボックス)と呼ばれます。言い換えれば、「ショップ製の自作 PC」です。PC を初心者にやさしい順に並べると、以下のようになります。

    メーカー製>ショップブランド>ベアボーン>完全自作


    ST20G5
    ST20G5 の付属品類

    ベアボーンを選ぶ

    さて、ベアボーンは、ShuttleAOpenASUSTeKWiNDy など、いくつかのメーカーから販売されています。最近ではとくに、省スペースでスタイリッシュなデザインの、キューブ型 PC が人気です。

    そこで、キューブ型を前提に、ガイドが選ぶ際に条件にしたポイントをまとめてみました。
     
  • デザインがよいだけでなく、静音性が高いこと。
  • AMD の CPU、Athlon64(Socket 939)に対応していること。
  • LAN は 1000 BASE-T であること。
  • ビデオカードが増設できること。
  • 10万円以下で完成できること。


    Athlon64 を条件としたのは、Windows の64ビット版や CPU のデュアルコア化など、将来のアップグレードを考えてのものです。しかも、同 CPU は省電力な上、ウイルス防止機能を持っています。

    ベアボーンの中では、WiNDy 製品がデザインと静音性で圧倒的に優れています。しかし、その他の条件や価格を考えた結果、Shuttle の ST20G5 を選びました。

    Shuttle 製ベアボーンの中では、SN25PSN95G5 も有力候補でした。前者は HDD を2基搭載できるメリットがありますが、PCI-Express 以外の拡張スロットがないのがデメリットでした。結局、ST20G5 はビデオ機能を内蔵している上、PCI-Express スロットによるカード増設も可能で、その結果、最大4画面までの出力ができるというのが決め手になりました。

    Windows XP が格安で買える?!>>NEXT


    CONTENTS
    Page1:ベアボーンって何?
    Page2:パーツと OS を揃える
    Page3:ST20G5 を組み立てる(1)
    Page4:ST20G5 を組み立てる(2)
    Page5:Windows をインストールする