大事な情報なのに、覚えにくい「名前」

合コンの次の日、なかなか思い出せないあの子の名前

合コンの次の日、なかなか思い出せないあの子の名前


「えーっと、昨日の合コンで会ったあの子の名前何だっけ?」

楽しかった合コンから一晩あけて、「あれ? 名前が出てこない……」ことはありませんか? 「名前」は大事な情報ですが、仕事や趣味といった情報と違って、記憶に残りにくいもの。なぜなら、そこにストーリー、意味が生まれにくいからです。

また、会話の中で名前は省略されがちで、ほとんど繰り返されないことも、なかなか覚えられない原因の一つ。

そこで、どんな人でも確実に相手の名前が覚えられ、しかも、相手との関係を一気に近づける方法をお伝えしましょう。

 

名前も覚えて、相手との距離も縮めるとっておきの方法

一人一人の名前で話題を作りましょう

一人一人の名前で話題を作りましょう


それは、「相手の名前の由来を聞いて、名前自体を話題にする」という方法。

名前には、何かしら相手のご両親の願いを込められていたり、ストーリーがあるものなので、それを相手に語ってもらうのです。
 
そうすれば、否が応でも相手の名前を繰り返され、記憶に残りやすくなりますし、そこにストーリーも加わりますから、さらに印象に残りやすくなります。また、「名前」を入り口にして、相手のプライベートな面を知って関係を近づける効果も。

実際、私も様々な場面でよく相手の名前の由来を聞きますが、ご両親や子どもの頃の話など、深い話になって、名前を覚えるどころか、いきなり親しくなってしまうことはよくあります。まさに「一石二鳥」の方法なのです。

 

名前に使われている漢字に注目!

とはいえ、相手が「名前の由来なんて知らない」という人もいるでしょう。そんなときに注目してもらいたいのが、名前に使われている「漢字」。

名前に使われている漢字は、「愛」や「恵」、「彩」など、ポジティブなイメージを浮かぶ言葉がほとんどです。第一印象と結び付けて、あなたが推測して伝えてみてもいいでしょう。

たとえば、「周りから愛される人になってほしい、そんな思いが込められているんじゃないですか?」といった感じです。そこから、相手が名前の由来を思い出したり、ご両親のことを話し出したりすることもよくあります。

なお、自分の名前の由来も合わせて伝えれば、あなたの名前も覚えてもらえますよ。「名前」は相手とつながる大事な入り口。もっと注目して、覚えてしまいましょう!

 

明日から使える記憶術!関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。