一人でも楽しいと思える「おひとりさま」は素敵!

一人でも楽しいと思える素敵な「おひとりさま」

機嫌のいい「おひとりさま」になろう!

ひとりで行動をする「おひとりさま」は、孤独そうで嫌だ、という人もいるでしょう。でも、「おひとりさま」だからこそのメリットもあります。
例えば、ひとりだからこそ、相手に気を遣わずに、気持ちの赴くままに楽しむことができることもあります。旅先でその土地を存分に味わいたいとき、映画を集中して観たいときなどは、ひとりの方がいいこともあります。

また、自分が行きたい場所に誰も一緒に行ってくれる人が現れなかったときは、我慢をするよりも、ひとりでも行けるようになると、日常の楽しみは広がります。

ただし、それでも寂しい人は、無理に「おひとりさま」をする必要はないと思います。ただ、「おひとりさま」ができない人は、何かしらの問題を抱えていることも少なくありません。それをクリアすることによって、「おひとりさま」の時間を堪能する、しないに関わらず、より楽に生きられるようになることはあります。

<目次>

快適な「おひとりさま」のためにも、「ふくすうさま」も大事!

また「おひとりさま」を提案していると、勘違いされやすいのですが、実は、「おひとりさま」の時間を気分良く過ごすためにも、誰かと一緒に過ごす「おふたりさま」「ふくすうさま」の時間も大切です。基本、人はひとりでは生きていけません。つまり「ひとりの時間」と「誰かと過ごす時間」の両方があってこそ、バランスの取れた生活が送れると言ってもいいでしょう。

「おひとりさま」を楽しめる人は、「おふたりさま」「ふくすうさま」でも快適に過ごしやすくなります。なぜなら、ひとりのときに自分の要望を満たせるからこそ、誰かと一緒にいるときには、相手に合わせる心の余裕も出てくるからです。
逆に「おひとりさま」を楽しむことができない人の中には、誰かと一緒にいるときに自分の要望を叶えようとしすぎて、相手に嫌われてしまうこともあります。反対に、相手の要望に応えすぎてしまって、自分の欲求が満たされないままストレスをためてしまう人もいます。
だから、「おふたりさま」「ふくすうさま」を快適に過ごすためにも、「おひとりさま」を楽しく過ごせるようになることは大切なのです。

もちろん一緒に過ごす相手は、恋人や配偶者である必要はありません。気の合う友達でも家族でも親戚でもいいのです。ただ、いつもお互いのことを気にかけ合う存在がいるだけで、人は孤独感が和らぎ、穏やかで温かい気持ちになります。
会う頻度だって、週一、月一、半年に一回、年に一回でも構いません。人それぞれに快適だと思う会う頻度は違います。だから、どんなペースでも、どんな距離感の相手でも構わないのです。

実は、「自分には、恋人も友達もいないんだ」というコンプレックスがある人は、本当の意味で「おひとりさま」を楽しむことは難しいところもあります。
 

「おひとりさま」が苦手な人ができていないこと

精神的な自立は、ひとりに限らず大事!

精神的な自立は、ひとりに限らず大事!

「おひとりさま」ができない人は、何かしらの問題を抱えていることも少なくありません。それをクリアすることによって、「おひとりさま」の時間を堪能する、しないに関わらず、より楽に生きられるようになることはあります。

その中でも重要なことが、「精神的な自立」です。自立できていないから、誰かと一緒でないと行動できないことも少なくないですし、逆に、自立しているからこそ、2人や複数でも、相手に頼り過ぎることなく、また相手の要望に応えてあげやすくなるのです。

だから、精神的な自立は、ひとりに限らず、誰かと一緒のときでも楽しめる人になるためにもできていた方がいいことであり、人の成長として大切なことなのです。これをまずはできるようになることで、「おひとりさま」が苦手な人が抱えている、あらゆる問題が解消されやすくなります。人付き合いも上手になってきますしね。
 

そのコンプレックスが、おひとりさまを寂しくする

実は、「おひとりさま」が苦手な人の中には、「自分には友達や恋人がいない」というコンプレックスから、人の目を必要以上に気にしてしまい、できない人も少なくありません。
職場や学校で、「ひとりでご飯を食べているのを見られるのが恥ずかしくて、トイレで食べる」なんて人がいると、よく聞きます。でも、大概、人は、そこまで他人のことは気にしていないし、むしろひとりでも楽しそうに食事をしている人に対しては、「寂しそう」なんて思わないものです。

自分が今、食べたい料理に集中して向き合えるというのは、素敵な孤高の行為です。ただ、やっている本人がその良さを分かっていないで、ただただ「誰も一緒に食べてくれないから、ひとりで食べているんだ」といじけていると、孤独感が増すばかりでしょう。

そんな人は、素直に一緒に過ごせる友達を作りましょう。学校、職場、習い事などで、気が合いそうだと思う相手がいたら、勇気をもって話しかけてみてはどうでしょうか?
何をしたら「相手が喜んでくれるか?」を考えて行動するようになれば、自然と友達はできるものです。

もし、そんな気の合う友達がいたら、「今日はたまたまひとりでいるだけだから、恥ずかしくない」と思えるようになります。つまり、「おひとりさま」でいるのは恥ずかしいと思っている人は、「自分には、友達がいない」というコンプレックスから来ていることも多いのです。だから、「あの人、友達がいなんだ」なんて思われたくなくて、必要以上に人の目を気にしてしまうのです。
そんな人は、まずは「おひとりさま」を目指さず、「おふたりさま」「ふくすうさま」を目指しましょう!
 

機嫌よくいるためにもTPOは大事!

また、「おひとりさま」を過ごすにしても、やはりTPOは考えた方がいいでしょう。他の人が心配してしまうようなところ、さらに自分自身もひとりでは楽しめない場所で過ごすと、寂しくなります。
例えば、遊園地でおひとりさまをする人は最近、増えてきましたが、それができる人とできない人は分かれるものです。「ここでは、おひとりさまは無理」と思う場所には、ひとりで行くのは避けた方がいいでしょう。

それで言えば、ディズニーランド好きの人は、ひとりでも行く人も少なくないようですが、そういう人はおそらく周りから見ても楽しそうに見えると思うんです。でも、人の目ばかりを気にして、ひとりで寂しそうに乗り物に乗っている人がいたら、周りにいる人もちょっと心配をするかもしれません。
やはりみんなが楽しそうにしている中で、孤独感満載だとちょっと目立ちますし、周りにいる人たちの「あの人はどうしてひとりなのだろう?大丈夫だろうか?」という心配する視線は、本人も感じ取るものなので、それをはねのけられるくらいに楽しめる人でなければ、居心地の悪さを感じてしまうところはあるでしょう。

またカップル需要の高い“夜景の見えるレストラン”“定番のデートスポット”なども同様です。周りにカップルばかりがいる、ムード満点の場所でもひとりで楽しめるタイプでなければ、無理にやらない方がいいでしょう。
 

一人でも楽しめる人は「おひとりさま」かどうかにこだわらない!

ひとりでも2人でも、楽しめる人に!

ひとりでも2人でも、楽しめる人に!

「おひとりさま」を楽しめる人は、むしろ「おひとりさまにこだわらない」とも言えます。
ひとりで過ごすことに固着せず、また「ひとりでも寂しくない」なんて意地をはることなく、ひとりでも2人でも複数でも楽しめるから、ひとりのときも機嫌よくいられる、と言えるのです。

だから、上機嫌の「おひとりさま」になるためにも、いい友達など気の置けない存在はいたほうがいいし、人からも「一緒に行きたい」と思われるような、“誘われる人”になることも大切です。
もちろん誘われても行くかどうかは、自分次第でいいのです。ただ、色々な選択肢の中で、「私は今、おひとりさまを選んでいる」という意思が、ひとりでいる時間に対して、より幸せに感じることができるのです。

「おひとりさま」には、「おひとりさま」の良さがあります。ただ、あなた自身が「おひとりさま」でいるしかないだけなのであれば、もう少し人に好かれる人間になって、「おふたりさま」「ふくすうさま」の選択肢を増やしてみることは大切なことなのです。

 

機嫌のいい「おひとりさま」に!

ここまで機嫌のいい「おひとりさま」でいるための4つのポイントを紹介しました。
・精神的に自立をする
・気の置けない存在を作り、「自分はひとりぼっちだ」というコンプレックスをなくす
・TPOを考え、ひとりでも過ごしやすい場所を選ぶ
・「おふたりさま」「ふくすうさま」の選択肢もある上で、「おひとりさま」を選ぶ


「おひとりさま」で過ごせない人が抱えている問題は、「おひとりさま」で過ごす、過ごさないに関わらず、解決した方が楽に生きられるようになります。
その上で「ひとりがいい」ときは、いくつかある選択肢の中から「おひとりさま」を選べる人になりましょうね。それが、上機嫌の「おひとりさま」になる秘訣ですよ!

[関連記事] [お知らせ]
書籍「子供おばさん”にならない、幸せな生き方」が、単行本と電子書籍で好評発売中!子供おばさんになりたくない人は、必読!

・HAPPYになりたい女性に向けた恋愛&幸せ情報サイト「HAPPY WOMAN NEWS」を配信中!

4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」 毎週金曜日23時に更新!

・今回のコラムをさらに掘り下げて解説!ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」を毎日更新中!
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。