米粉や玄米粉100%、グルテンフリーのパンやお菓子

米粉100%のパン

米粉100%のパン

近年、食物アレルギーを持つ子供や、小麦に含まれるグルテンによって不調を起こす過敏症・不耐症で小麦のパンが食べられない人、グルテンフリーの食生活をする人が増えたことにより、米粉100%のパンへの期待が高まってきています。

今回ご紹介するのは、2018年4月、二子玉川の玉川高島屋にほど近い場所にオープンした「グルテンフリーカフェ タマクーヘン」。
バウムクーヘンは量り売り

バウムクーヘンは量り売り

店名と同名の「タマクーヘン」という玄米粉100%のバウムクーヘンは、1日に大型1本が焼かれ、1g10円で販売。特殊な機械で微細に粉砕された国産有機玄米全粒粉(JAS認定)、葛粉を使用しています。ふんわりした口あたりは、玄米粉と教えてもらわなければ、小麦粉との違いがわからないかもしれません。
タマクーヘンに飛騨の生クリームを添えて

タマクーヘンに飛騨の生クリームを添えて

この店を運営する株式会社クルヴェル・キャンの代表取締役、小田寿夫さんは、自らが携わるさまざまな飲食店でお客さまの声を聞くうちに、グルテンフリーフードの需要を肌で感じ、数年前から商品開発に取り組んできた人。自身もグルテンフリーの食生活を実践しているのだそうです。
クルヴェル・キャン代表の小田寿夫さん

クルヴェル・キャン代表の小田寿夫さん


小麦粉、卵、乳製品不使用の「ニコパン」

ニコパン(プレーン)

ニコパン(プレーン)

この店のもうひとつの看板商品が、国産米粉100%のパン、「ニコパン」(プレーン・600円)です。小麦粉、卵、乳製品は不使用で、油脂には米油を用いています。
ニコパン(プレーン)の断面

ニコパン(プレーン)の断面

ニコパンをちぎった時の感触は、米粉100%のパンの中ではかなり、小麦のパンに近い感覚があり、従来のコシのない米粉パンと比べるとしっとりしていて、ある程度の弾力もあり、ちょっと甘めでリッチな味わいです。小さなパウンドケーキ型の食パンだから特にそう感じるのでしょうか。これはグルテンを添加せずにパンとしての骨格を保つ、ギリギリの大きさなのだとか。
ニンジンとオレンジのスープ(日替わり)、チキンの低温ローストと季節の野菜サラダ

ニンジンとオレンジのスープ(日替わり)、チキンの低温ローストと季節の野菜サラダ

しっとりしているのは、米粉の吸水性の高さによるもの。トーストすると表面がサクッと香ばしく、中はモチッとした食感差でさらにおいしくなります。カフェではこのパンのトーストセットや、パンと一緒に楽しめる季節のスープやサラダなど軽食メニューがあります。
オーガニックチョコレート入り

オーガニックチョコレート入り

カカオ70%のビターなフランス製オーガニックのチョコレートを練り込んだ「オーガニックチョコ」(700円)はやみつきになる味わいです。一番人気があるのはみずみずしいレーズン入りの「レーズン」(750円)。このほかチーズ入りもあります。
レーズンは一番人気

レーズンは一番人気


甘粕パンとライスジュレ

酒粕とライスジュレ入りの甘粕パン

酒粕とライスジュレ入りの甘粕パン

ニコパンの兄弟分として発売されたばかりの「甘粕パン」(500円)は先日、「日経スペシャル ガイアの夜明け」(テレビ東京)でも取り上げられ、話題になっています。

甘粕パンには「酒粕」と、「ライスジュレ」が入っているのが特徴です。酒粕は糖の吸収を遅らせ、血糖値の上昇やコレステロールの吸収を防ぐレジスタントプロテインが含まれているとして、最近注目の素材ですね。
ライスジュレ

ライスジュレ

ライスジュレは農業機械をつくるヤンマー株式会社が開発した米と水だけでできた新食材。保水性が高く離水しにくいため、増粘剤や安定剤の代わりになり、無添加で米粉パンがつくれるというわけです。米粉のパンもどんどん進化しているんですね。

ライスジュレについてはヤンマーのサイトに詳しく出ています。

米粉の原材料には、ご飯として炊いて食べるにはパサパサした食感になる高アミロース米が用いられます。高アミロース米はGI値が低く、「コシヒカリ」などに比べ、糖の吸収を遅らせる性質を持っています。それで今、健康志向の人の心をつかんでもいるのです。
甘粕パンの断面

甘粕パンの断面


甘粕パンは、きめ細かな気泡、ふわっとした食感とともに酒粕のほのかな香りがあります。一口サイズにカットして軽くトーストしたものに、スモークサーモンやお刺身をのせて、オードブルにするもおすすめだそう。

家庭で米粉料理をつくる人のために、ライスジュレの販売もあります(一袋500円)。パンやお菓子のほか、お好み焼き、ハンバーグ、ベシャメルソースにも適しているそうで、豆乳とも好相性です。
ニコパンのいろいろ

ニコパンのいろいろ


「26年間、人と人との繋がりでここまでやって来ました。つくることが好き。ものづくりをする人の考え方を知るのが好きなんですね」という小田さんは、常に新しいことにチャレンジしています。秋にはさらにおいしい米粉パンを、そして藍の生産者とコラボして、藍の入った米粉バウムクーヘンを開発中なのだとか。

ニコパンやタマクーヘンはオンラインストアでも買うことができます。
グルテンフリーカフェundefinedタマクーヘン

グルテンフリーカフェ タマクーヘン


グルテンフリーカフェ タマクーヘン  

住所:世田谷区玉川 3-20-1 名川ビル1F
電話:03-6805-7443
営業時間:10時~19時 無休
Yahoo!地図情報
東急田園都市線二子玉川駅徒歩5分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。