独占欲とは?愛情との違いを解説

独占欲とは? 独占欲と愛情の意味には違いがある

愛しているから独占したい、わけでもない!?

「私は彼(彼女)を本気で好きから、自分だけのものにしたい!」と思う人は多いもの。でも、「愛情=独占欲」なのでしょうか?
もちろん好きでもない人を独占したいとは思わないものでしょう。相手のことを好きだから、他の異性と仲良くしていると嫉妬したり、「彼(彼女)を独占したい」と思ったりするのは、ある意味、自然な感情です。

ただ、それは、相手への愛情というよりも、自己防衛本能に近い感情でもあります。つまり、「好きな彼(彼女)が自分以上に好きな人が出来てしまったら(他の人にとられてしまったら)、悲しい」から、独り占めをしたいのです。それは、“相手の幸せ”のためではありません。“自分の幸せ”のためなのです。

本当の愛情は、「相手がHAPPYなら、自分もHAPPY」です。本当に人を愛するようになると、相手の幸せを心から願い、自分のことのように思えるようになります。
でも、独占欲が強い人は、仮に相手があなた以外の人と一緒になった方が幸せになれるのだとしても、手放したくないものでしょう。それは、相手の幸せよりも、彼(彼女)を“自分の都合のいい状態”にしておきたい、ということ。つまり、そこにあるのは愛ではなく、「自分の幸せのために、相手を必要としている欲求」に過ぎません。

もちろん相手を“好んでいる”から、独占したいという欲求が沸くものです。でも、それは「自分にとって都合がいいから、気に入っている」レベルの「好き」であり、その独占欲の根底にあるのは、そのお気に入りを「自分のものにしておきたい」という自己愛なのです。つまり、「独占欲≠愛情」であり、むしろ「独占欲=自己愛」なのです。

逆に、もしあなたが、愛する人に「君がもし僕(私)以外の人を好きになったら、その人と恋をしても構わない。それが君の本当の幸せであるなら、祝福するよ。でも、僕(私)は、ずっと君だけを愛し続けるよ」と言われたら、正直、うれしいと思いませんか?
つまり、多くの人にとっては、「自分は独占されたらうざったいけど、相手のことは独占したい」ものなのです(苦笑)。だからこそ、独占欲は、相手のためではなく、“自分のための欲望”なのです。

とはいえ、生身の人間が100%ピュアな愛情を抱くことは難しいものです。その証拠に、心から愛しているはずの自分の子供ですらも、恋人ができたらヤキモチを焼いてしまう親がいるほどです。だからこそ、私たちは自分の、そしてパートナーの独占欲と上手につきあっていかなくてはいけません。

自分がヤキモチを焼いてしまうときには、相手を「喜ばせる嫉妬」と「うんざりさせる嫉妬」があるものです。その違いは何でしょうか?
 

2人の愛が深まる「相手を喜ばせる」嫉妬とは?

彼氏彼女と愛が深まる嫉妬は独占欲とは違う

2人の愛が深まる嫉妬とは?

相手を「喜ばせる嫉妬」と「うんざりさせる嫉妬」の違いは、何でしょうか?
例えば、あなたが他の異性と仲良くしていると、好きな人がヤキモチを焼いて、ちょっと不機嫌そうにしていたら、うれしくなるものでしょう。
逆に、自分が友達と出かける度に、パートナーが浮気を疑ったり、付いて来ようとしたりすると、うんざりするものです。
つまり、「喜ばせる嫉妬」と「うんざりさせる嫉妬」の境界線は、主に「自分の手に負えるヤキモチかどうか」「信頼関係が築けているのか」によるところがあるのです。
 

独占欲との境界線1:自分の手に負えるヤキモチかどうか

ヤキモチは、自分の手に負えるものであれば、可愛いものですが、負担のかかりすぎるものだと精神的にきつくなってきます。
例えば、2人っきりになった時に、甘えるように「今は、私のことだけを見てね」とすねたら、可愛いものですが、みんなの前でヤキモチを焼き、あからさまに不機嫌な態度をとって、周りの人たちに気を遣わせるようであれば、うんざりされるでしょう。

手に負えるかどうかは、“相手の器の大きさ”にもよりますが、例えば、嫉妬したときに相手を怒鳴り散らしたり、暴れたりすると、大抵の人はうんざりします。つまり、嫉妬するときは、「相手に心の余裕が残る程度の言動」にしておくのがポイントなのです。
 

独占欲との境界線 2:信頼関係が築けているのか

ヤキモチを焼くこと自体は、そこまで問題ではなくても、パートナーに「僕(私)は、彼女(彼)に信用されていないのでは?」と思われてしまうと、関係が壊れていくことはよくあります。「大切な人に信じてもらえない」というのは、される方にとっては悲しいことだからです。パートナーを信じられない人は、「相手に失礼なことをしている」ことにも気付いた方がいいでしょう。

例えば、いつもパートナーのことを信じているけど、たまたま彼(彼女)が、異性と2人で歩いているところに遭遇してしまった、なんてハプニングがあれば、ヤキモチを焼いても仕方がありません。
逆に、パートナーが浮気の疑いのあることを何もしていないのに、ただただ浮気を心配し、相手が忙しい時もLINEのメッセージを要求したり、飲み会のときは“同性同士の集まり”だという証拠写真を撮って送らせたりしていると、彼(彼女)はだんだん精神的にきつくなってきます。

パートナーにそんなことをさせてしまう人は、それは相手に原因があるわけではなく、“自分の心の問題”であることに気付いた方がいいでしょう。なにか子供の頃のトラウマから、「大切な人を失ってしまうかもしれない」と心配してしまうのであれば、心理カウンセリングに通うなりして、その心の傷を治していくように努めていかないといけません。自分が変わらないと、あなたが一番恐れている「別れ」に繋がってしまいますよ?

ただし、「独占欲」「嫉妬」は、絶対にダメなものだとも言い切れません。それによって、いいこともあります。
 

独占欲があるから、守られる愛もある

独占欲と嫉妬は関係性を深める

独占欲、嫉妬が、2人の関係にとって、程よいスパイスになることも!

「独占欲」「嫉妬」は、絶対にダメなものというわけでもありません。見方によっては、いいこともあります。
例えば、恋愛でも結婚でも、「お互いに独占をしないで自由にしてOK!」となってしまったら、例えば妊娠をしたときには、誰の子供か分からない、なんて自体も起こり得ます。
やはり、「付き合う」「結婚する」という約束を交わすことで、「あなた以外の人とは、深い関係になりません」と誓うことは、ある意味、大切なことなのです。

それこそ、この世の中が、自分の遺伝子を持つ子供であろうと、他人の子供であろうと、みんなで“自分の子供”として大切に育て上げられるほどの美しい世界なのであれば、独占欲も嫉妬も持たずに、みんなを愛するような博愛主義でいてもいいと思います。でも残念ながら、まだそんな世の中ではないので、独占欲を持つこと、持たれることで、自分の生活が守られるのも事実です。相手の独占欲を分かっているからこそ、自分だって浮気をしないものですしね。

また、マンネリ化したカップルが、嫉妬心から愛が再燃する、なんてこともよくあるもの。独占欲があるからこそ、相手が他の人のところに行ってしまわないように(=自分から逃げてしまわないように)、大切に扱うこともあるでしょうしね。

だから、ちょっとした独占欲や嫉妬であれば、カップルにとって、“程よいスパイス”となることもありますし、決してマイナス面ばかりがあるわけでもありません。
ただし、あまりにスパイスが効きすぎると、料理同様、激辛のあまり、(冷や)汗と涙が止まらない関係になってしまうので、ほどほどにしましょうね。


[関連記事]
深く愛される人は「大人の愛し方」を知っている
本当に恋したい人ができていた方がいい3つのこと
大人の女性だからこそ、持つべき魅力とは?
長続きする恋愛をしたいときの3つのポイント
デートDVとは…対象となる暴力・暴言の種類・事例・対策法
恋愛ごっこになってない? 本当の愛とは

[お知らせ]
書籍「子供おばさん”にならない、幸せな生き方」が、単行本と電子書籍で好評発売中!子供おばさんになりたくない人は、必読!

・HAPPYになりたい女性に向けた恋愛&幸せ情報サイト「HAPPY WOMAN NEWS」を配信中!

4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」 毎週金曜日23時に更新!

・今回のコラムをさらに掘り下げて解説!ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」を毎日更新中!

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。