チークとリップはトレンドより肌なじみ重視で選ぶ

リップとチークで華やかな印象に

リップとチークで華やかな印象に

年齢とともに頬や口角が下がり、顔色はくすんだ印象になります。リップとチークメイクで、顔色をパッと明るくし、頬をふっくらと見せましょう。

若々しさと華やかさを加えるリップの塗り方

1.リップブラシで口角部分の輪郭を描く
輪郭をブラシでていねいに描く

輪郭をブラシで描くと引き締まった印象になる

年齢とともに下がりやすい口角は、リップブラシを使用して輪郭を描きます。色味は自然な血色に近い「ピンク系」を選びます。

ブラウンやバーガンディレッドなどの濃い色を使う場合には顔がくすんで見えるので、引きの視点で全体のバランスをとることが大事です。

2.唇全体にリップカラーを塗る
リップカラーをなじませたときに、唇からオーバーしないように注意

リップカラーは顔色が明るく見え、ほうれい線が目立たないカラーを選ぶ

唇全体にリップカラーを直接塗ります。上唇とした唇を合わせてなじませ、自然に仕上げましょう。

頬を若々しく見せるチークの入れ方

1.チークを頬の内側から入れる
黒目の下を目安にすると分かりやすい

黒目の下を目安にすると分かりやすい

チークは、下がってきた頬を「寄せて上げる」視覚効果があります。にっこり笑ったとき、頬が一番高くなる位置の少し内側を始点にします。

パウダーチークをブラシに含ませたら、ティッシュに余分な粉を落とすことで、濃くなりすぎるのを防げます。

2.耳の横までチークを伸ばす
耳の横まで斜めにチークをつける

耳の横まで斜めにチークをつける

外側に向かって引き上げるようにブラシを動かし、ブラシを逆方向に戻し、チークをぼかします。「上向きの楕円形」の形にふんわりと自然になじませていきます。

3.ブラシに余った粉をあご先にサッとのせる
あご先に入れることで、顔のバランスが整う

あご先に入れることで、顔のバランスが整う

ブラシに残ったパウダーであご下にブラシをサッと滑らせると、血色がよく見えます。

光を味方にするハイライトの入れ方

ハイライトは骨格の高い部分に

ハイライトは骨格の高い部分に

ハイライトは目の下・Tゾーン・あご先・頬のオン
ハイライトによって、骨格の高い部分に光を集め、顔の立体感やハリ感をアップさせることができます。

目の下……逆三角形に入れる。目元を明るく下まぶたのたるみをふっくらと見せる
Tゾーン……眉間の上から鼻筋にかけて入れる。鼻筋を強調できる
あご先……逆三角形に入れるとフェイスラインがすっきり見える
頬骨の上……チークを入れた上に重ねるように。頬が高く見え、ハリ感アップ

メイクの仕上げとして、全体のバランスを見ながらハイライトを入れ、濃くしすぎないように注意します。

完成!これで引き締まった若見えフェイスに

左が老けて見えるNGメイク、右が若々しく見えるOKメイク

左が老けて見えるNGメイク、右が若々しく見えるOKメイク

老けて見えるNGメイクと、若々しく見えるOKメイクを比較してみましょう。右側は顔の自然な血色が引き出され、頬がキュッと上がり、自然と若々しい印象に。

リップやチークにくすんだ色を選んだり、濃くつけすぎたりすると、顔のくすみがかえって目立ってしまうこともあるので要注意です。

肌の色に関わらず、できるだけ肌なじみのよいカラーを選びましょう。チークに関しては、入れる位置も重要ですよ!

使ったコスメ

自分に合うカラーを探してみて

自分に合うカラーを探してみて

■リップ
ジバンシイ ルージュ・アンテルディ 19 4,000円(税抜)/パルファム ジバンシイ LVMHフレグランスブランズ
■チーク
NARS ブラッシュ 4013N 3,400円(税抜)/NARS JAPAN
■ハイライト
THREE シマリング グロー デュオ 01 4,500円(税抜)/THREE


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。