タイで食べたい! 本場タイ料理って?

日本でもすっかり人気料理として定着したタイ料理ですが、やはり本場で食べるタイ料理はさすがに美味しい! ハーブとスパイスの香りが絶妙に絡み合い、訪れる人の胃袋を掴んで離さないタイ料理を是非本場で堪能してください。今回はタイで食べておくべきガイドのおすすめタイ料理をご紹介します。

タイ国中どこでも食べられる料理

知っているタイ料理ばかり頼んでない? 是非色々なタイ料理にチャレンジして!
タイ料理には郷土色が強い料理も数多くありますが、一方でタイ国内ならどこに行っても食べられる定番料理というものも存在します。まずは、バンコクはもちろん、南部のビーチや北部でだって食べられる定番料理をご紹介します。

定番料理1 ゲーン類(タイカレー)

日本でもすっかりおなじみとなったタイカレー
日本でも人気のタイ料理「タイカレー」。「タイカレー」とは、タイで食べられるカレー類の総称でタイ語では「ゲーン」と呼ばれています。ベースの材料は、唐辛子(プリック)、玉葱、にんにく、レモングラスやカー(タイ生姜)などのハーブ類。ベースにそれぞれ異なる食材をプラスしてペーストを作ります。加える食材によって味や色が変わり……イエローカレーやレッドカレーという違いに。どのカレーもココナッツミルクが入っていて、スパイシーさの中にまろやかな甘みを持っているのが特徴。代表的なゲーンは下の5種類です。

■ゲーン・キアウワーン(グリーンカレー)
香辛料やハーブをすり潰したペーストを炒め、ココナッツミルクやナンプラー、砂糖、なすなどの野菜や、肉、エビや魚を加えて煮込んで作るカレー。レトルトも多く売られているので、日本でも一番見かけることが多いタイカレーの1つ。

■ゲーン・ペッ(レッドカレー)
タイ特産の赤唐辛子(プリック・キーヌー)の味と色がきいた、グリーンカレーよりも辛味の強いカレー。牛肉やかぼちゃを具として使うのが一般的です。

■ゲーン・カリー(イエローカレー)
黄色いターメリックが多く使われているカレー。味はまろやかな甘みがありますが、グリーンカレーよりもあっさりしているのが特徴です。鶏肉やジャガイモがよく具になります。

■ゲーン・マッサマン(イスラム風カレー)
イスラム教徒の多いタイ南部でよく食べられるカレーです。砂糖やピーナッツがふんだんに使われているため甘みが強く、辛い味が苦手な日本人には一番食べやすいカレーかもしれません。主な具は鶏肉。

■ゲーン・パネン
色はレッドカレーと似ているのですが、一番水分が少なく具にカレーが絡まっている感じです。カレーというよりご飯によく合うおかずとして注文されることが多いのがこのゲーン・パネン。よく使われる具に牛肉や豚肉があげられます。