意外と日本人の味覚にあう北部料理

タイ第2の都市チェンマイのある北部。北部は中国、ミャンマー、ラオスなどと国境を接していることから、各国の影響を受けているのが特徴です。タイ料理にしては珍しく、辛さよりもコクのある味付けが多い! 一般的なタイ料理は苦手でも、北部料理は好きという人もいるので日本人の味覚に合いやすいと言えるでしょう。

北部料理1 カオソーイ(カレー麺)

北タイに行ったらコレを食べなきゃ絶対損!
ココナッツミルクを使ったカレー風味のスープ、麺は卵麺、そしてトッピングに同じ麺を少量だけカラッと揚げたものをのせます。さらに角切りにした赤たまねぎと漬物を添えて完成する北部チェンマイの郷土料理がカオソーイ。具のお肉は鶏肉が一般的です。最後にぎゅっとライムを絞ればさらに美味しさがアップするのでお忘れなく! タイに行ったことのある日本人の間で一番好きな麺としてカオソーイを挙げる人も多いほど、人気の料理です。

北部料理2 ナムプリックオーン

野菜ともち米とも相性がよい。一度食べると止まらないほどやみつきになる味
トマトとひき肉をにんにくやハーブと一緒に炒め煮したディップ、ナムプリック・オーン。生野菜と一緒にいただくのが一般的。バンコクや北部以外ではあまり見かけることのない北部特有の料理なのですが、味噌のような風味は日本人の口に合うこと間違いなしでしょう。ガイドも北部に行くと必ず食べる料理の1つです。

 

味にコクがあって辛い南部料理

イスラム教徒が多くマレー文化の色濃いタイ南部の料理。ピーナッツやココナッツミルクを多用するのが特徴です。タイ全土で食べられる一般的なゲーン(カレー)類も南部では、シーフードやフルーツを使ったものが多いのです。

南部料理1 カオモック・ガイ(鶏ごはん)

鶏肉やターメリックなどを一緒に炊き込んだご飯の上に、さらに煮込んで柔らかくなった骨付きチキンがのってるイスラム系の南部郷土料理です。味はまるでカレー風味のピラフのよう。バンコク市内の食堂やフードコートの中にはカオモック・ガイ専門店があるところもあるので、南部へ行く機会がないけど食べたいという人は是非探して食べてみてください。

南部料理2 パット・サトー(サトー豆炒め)

南部でしか食べられないと言っても過言ではないサトー豆
南部特産のサトー豆(日本名:ねじれふさ豆)を使った料理です。海老などのシーフード類と一緒に炒めていただきます。この豆、そら豆とよく似た見た目ですが、独特の香りを持っているため南部以外のタイ人から敬遠されがち。「にんにくとネギの強い臭いを混ぜたような」と表現されることもありますが、クセがあるからこそ独特な風味の虜になる人も多いとか。ガイドもこの豆の虜になった1人。南部に行くとまずいちばん最初に注文する料理です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。