賃貸不動産経営管理士の注目度が上がっている!

2012年にスタートした「賃貸不動産経営管理士試験(賃貸管理士試験)」は、ますます注目度が高くなり、人気の資格となっています。難化しているとも言われる賃貸管理士試験はどのくらい難しい試験なのでしょうか。難易度、合格率について解説します。

【目次】  

賃貸不動産経営管理士(賃貸不動産管理士)とはどんな資格?

賃貸不動産経営管理士とは、主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家と位置付けられています。重要な居住環境である賃貸住宅を適正に維持・管理することは、みんなが安心して生活できる土台となっています。そして、継続的かつ安定的で良質な管理サービスに対する社会的な期待や要望は多く、賃貸不動産の管理業務にかかわる幅広い知識を有する賃貸不動産経営管理士の活躍が期待されています。
 

賃貸不動産経営管理士の仕事内容・業務範囲

具体的には、賃貸不動産管理士は2011年12月に創設された賃貸住宅管理業者登録制度と深く関係しています。第一に、登録事業者が貸主との管理受託契約を締結するときは、賃貸不動産経営管理士または管理事務に関し6年以上の実務経験を有する(以下、賃貸不動産経営管理士等といいます)は重要事項を記載した書面を交付して説明し、重要事項説明書の記名・押印を行わなければなりません。

第二に、貸主との管理受託契約が成立したときは、賃貸不動産経営管理士等は契約書を作成し、記名・押印を行わなければなりません。第三に、登録事業者の事務所ごとに1名以上の賃貸不動産経営管理士等を設置しなければなりません。これらの役割から見ても、同資格が賃貸不動産管理を営む上で必須要件となっていることがわかります。
 
賃貸不動産経営管理士,合格点,賃貸不動産経営管理士合格点,難易度,合格ライン,合格率,2018,ボーダー,賃貸不動産経営管理士合格ライン,合格発表

賃貸不動産経営管理士は賃貸管理のプロフェッショナルです。

 

賃貸不動産経営管理士試験の受験資格・試験内容・試験日・合格ラインは?

賃貸不動産経営管理士になるためには1年に1回実施される資格試験に合格する必要があります。この試験の受験資格に要件はありません。誰でも受験できます(合格後の登録には一定の要件があります)。

実際に、不動産業従事者だけでなく、自主管理の家主や不動産業界へ就職を目指す学生、より知識を深めたい社会人など毎年多くの方が受験しています。試験は、毎年11月に全国11都市で行われます。合格後に登録することで、資格の証しとなる認定証やカードが発行されます。

出題形式:40問の四肢択一式(マークシート)
試験時間:1時間30分
試験日時:11月中旬頃 13:00~14:30
受験要件:誰でも受験できます。

(出題範囲)
  1. 賃貸管理の意義・役割をめぐる社会状況に関する事項
  2. 賃貸不動産経営管理士のあり方に関する事項
  3. 賃貸住宅管理業者登録制度に関する事項
  4. 管理業務の受託に関する事項
  5. 借主の募集に関する事項
  6. 賃貸借契約に関する事項
  7. 管理実務に関する事項
  8. 建物・設備の知識に関する事項
  9. 賃貸業への支援業務に関する事項(企画提案、不動産証券化、税金、保険等)

合格ライン:7割程度(競争試験)
合格率:50%前後
合格者の平均年齢:40歳前後

また、試験実施団体による賃貸不動産経営管理士講習も行われています。賃貸管理業務に必要な専門知識の習得と実務能力を高めるための講習(2日間のスクーリング)です。この講習も受講要件がありません。例年5月~9月の間に全国主要都市で実施されています。この講習の修了者は本試験の出題40問のうち4問が免除されます(2年間有効)。
 

賃貸不動産経営管理士試験の合格率・受験者数・合格者数の推移

年々受験者数は増え続け、2018年度は過去最高の約1万8,500人となりました。それに対して、合格率は減り続け、現在は50%前後となっています。合格ラインは、競争試験なので、試験の難易度により変動しますが、約7割程度で推移しているものといえます。
 
賃貸不動産経営管理士,合格点,賃貸不動産経営管理士合格点,難易度,合格ライン,合格率,2018,ボーダー,賃貸不動産経営管理士合格ライン,合格発表

賃貸不動産経営管理士試験の平均合格率・受験者数・合格者数・合格点

 

2018年度の賃貸不動産経営管理士試験について

賃貸不動産経営管理士,合格点,賃貸不動産経営管理士合格点,難易度,合格ライン,合格率,2018,ボーダー,賃貸不動産経営管理士合格ライン,合格発表

2018年度賃貸不動産経営管理士試験の解答速報です。ただし、正式な発表は2019年1月11日にあります。その段階で変更する場合もあります。


【筆者の雑感】
今年の出題は全体として昨年度よりも難しく感じました。全問、いわゆる公式テキストに直接記載があるものばかりなので、公式テキストでしっかり学んでいれば満点も取れる内容です。ただ、これまで出題されたことのない、ガスや電気設備等の問題もあり、過去問だけで学習した方で、かつ、実務経験のない方はそこで点数を落とす結果になったかと思います。

賃貸借契約等の法律知識を問う問題は、例年通りの難易度です。ガイドラインに関しては1問だけと、昨年のように3問も出すということはありませんでした。ガイドラインを必死に暗記した方も多かったと思いますが、少し拍子抜け的な感じがしました。また、昨年度にあった建蔽率や容積率の数値を暗記していないと解けない問題はなく、改正の影響からか、建築基準法からの出題自体がありませんでした。

【解答が困難な問題】
今年も昨年と同様に解答するのが難しい問題がいくつかありました。

・問12のエ
問題文の読み方次第で、どちらともとれるような内容なので、判断が難しい。

・問24
問24については、解答速報を出しているスクール等により解答が異なっています。2か3が正解と思われます。私の判断では2が正解だと思っておりますが、3の可能性もあり得ます。

・問38
問題文を読む限りでは、ア~ウのうち3つも正しい内容があり、正しいものの組み合わせ問題なので、解答が複数になっているという状況です。ただ、出題者の意図を(私が勝手に)推測すれば、3が正解だと思っております。

合格発表日時:2019年1月11日 12:00

【関連サイト】  

賃貸不動産経営管理士試験に合格するには?

賃貸不動産経営管理士試験は、まだ国家資格化していないので、試験実施団体が公式テキストを販売しています。このテキストに記述されていることを理解して覚えれば100%合格できる試験です。とは言っても、A5版で約1000頁あるテキストなので短期間で合格するにはある程度メリハリをつけて学習する必要があります。

公式テキストには章ごとに演習問題が数問掲載されており、その解説には参照頁も記載されているので、章を読み終わった後にこの演習問題で記憶の定着を図れます。ただし、より効率よく学習するためには、市販のテキストと問題集を活用して学習したり、専門のスクールで学んだりする方法もあります。

次のページに2018年度の賃貸不動産経営管理士試験の問題を掲載しております。