ファイルメーカーDeveloper 6の使い方

●スクリプトデバッガの使い方

スクリプトデバッガは複雑なスクリプトのデバッグをおこなう際には非常に役立ち、効率的な開発が可能になります。スクリプトの中に任意にブレークポイントを挿入し、スクリプトの流れをステップごとに動作テストできるので、作成したスクリプトが正しく定義されているかどうかを確認可能です。

画像をクリックすると拡大表示できます
ステップ実行  現在のメインスクリプトステップを実行して、制御をメインスクリプトの次のステップへ移します。

ステップイン メインスクリプトステップの現在のステップを実行して、制御をメインスクリプトの次のステップへ移します。

ステップアウト 残りのサブスクリプトステップをすべて実行して、呼び出し元のスクリプトに制御を戻します。

ブレークポイントまで実行 スクリプトを実行して、特定のスクリプトステップで一時停止します。

実行の停止 スクリプトデバッガウィンドウを閉じて、ファイルメーカー Developer に戻ります。

次のステップを設定 強調表示されているスクリプトステップにステップ実行ポインタを設定します。

ブレークポイントの追加/解除 スクリプトステップのブレークポイントを設定または消去します。

下の画面のようにカーソル位置でクリックし、ブレークポイントの追加/解除をおこなうこともできます。

ブレイクポイントの追加

画像をクリックすると拡大表示できます

ブレイクポイントの解除

画像をクリックすると拡大表示できます

ScriptMakerへ移動 現在のデバッグセッションを終了して、ScriptMaker を開きます。

画像をクリックすると拡大表示できます

(注) Loop 構造内からスクリプトのデバッグを始めてはいけません。スクリプトデバッガは最初に「Loop」ステップの処理をおこなわず「Exit Loop If」ステップを検出すると「現在のスクリプト終了」ステップとして処理されます。

FileMaker Pro 6 Developer 6の使い方に戻る

FileMaker Pro 6 の新機能
MySQLとFileMakerの接続
FileMaker Mobile 2 レポート
データベース入門講座 FileMaker 編
1回目2回目3回目4回目5回目




■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。