1.1 Microsoft Access 2002のインストール
Windows 2000にMicrosoft Office XP Developerをインストールした場合を例にAccess2002のインストール手順を解説します。
Office XPのCDROMをドライブに挿入し、setupを起動します。

ユーザー情報、CDROMケースの裏に貼ってあるCDキーを入力し次へを押します。



使用許諾契約書を読み、同意する場合は「使用許諾契約書の条項に同意します」をチェックし次へを押します。



インストールの種類を選択し、次へを押します。今すぐインストールするは標準的な設定でインストールされます。完全は全てのOfficeアプリケーションがインストールされます。必要なものだけを選択し、インストールしたい場合はカスタムを選択します。下記の画面ではカスタムを選んだ場合を説明しています。



Excel、Word、Accessなどインストールするものを選択し、次へを押します。



Excel、Word、Accessなどアプリケーションごとに、インストールオプションを選択し、次へを押します。
マイコンピュータから実行は選択したオプションだけ、ハードディスクにインストールします。
マイコンピュータからすべて実行はオプション全てをハードディスクにインストールします。
初めて実行するときにインストールはそのオプションが実行されるまでハードディスクにインストールされません。初めて実行されるときに、Office XPのCDROMが要求され、インストール後に実行されます。



インストールする内容を確認し、正しければ完了を押します。間違っている場合は戻るを押し、やり直します。



インストールが開始されます。



インストールが終了するとこの画面が表示されます。
OKを押します。