MySQLのテーブルの内容をMBFPDFを使用してPDF書類として出力するプログラムを紹介します。

事前の設定

FPDFはXAMPPのイントール後にはFPDFは設定されていますので特に事前の作業は必要ありませんが、
日本語を扱うためにマルチバイト対応(MBFPDF)のダウンロードと設定が必要です。

FPDFと併せてMBFPDFを使うことによって日本語表示が可能になります。


PDF関連情報よりairwhile氏による高機能なマルチバイト対応(MBFPDF)mbfpdf10b.zipをダウンロードし解凍します。

ダウンロードしたmbfpdf10bを解凍した「fpdf」フォルダの状態

MBFPDFをコピーする前の「C:xamppphpPEARfpdf」フォルダの状態

mbfpdf10bフォルダの「fpdf」フォルダの内容を「C:xamppphpPEARfpdf」フォルダ内に上書きコピーします。(*注 )

*注 --- XAMPPのインストール先が「C:xampp」の場合の例です。
MBFPDFをコピーした「C:xamppphpPEARfpdf」フォルダの状態


2. MySQLのデータベース「workdb」にテーブル「tab3」が作成されている必要があります。
テーブル「tab3」は下記のSQLにて作成します。

create table tab3 (number int(8) unique not null,city varchar(10) ,country varchar(10));
insert into tab3 values(1,'東京','日本');
insert into tab3 values(2,'大阪','日本');
insert into tab3 values(3,'京都','日本');
insert into tab3 values(4,'北京','中国');
insert into tab3 values(5,'New York','U.S.A');
insert into tab3 values(6,'London','U.K');
insert into tab3 values(7,'France','Paris');

[サンプルプログラムの仕様]

・「myphp15.php」はモジュール「MBFPDF」を使用してMySQLのテーブル「tab3」の内容をExcelの書類として出力します。
・PDF書類はプログラムと同一フォルダ内に「test3.pdf」のファイル名で作成されます。


続いて、次ページで入力画面「myphp15.php」を作成します。