化粧品を整理整頓!いつの間にか増えてしまうコスメ

化粧品の整理整頓!

いつの間にか増えてしまう化粧品。使わないものもたくさんありそう……

化粧水や乳液などの基礎化粧品、リップやアイシャドウなどのメイクアップコスメ。多種多様の化粧品、どう収納していますか?いつの間にか増えてしまうコスメから、必要なものを探すのは大変。すっきり収納・整理して、毎日のメイク時間を短縮しましょう!
   

化粧品は、どうして整理されないの?

ある化粧品会社の調査によれば、女性の所有するスキンケアアイテムは平均9個。使わないでしまいこんでいる化粧品は、平均7.4個という別の調査もあります。

コスメは、ついつい増えてしまうもの。「この美容液が効果アリ!」と聞けば使ってみたくなるし、シーズンごとに新色の出るリップやアイシャドウは、今使っているものを古臭く見せてしまうかもしれません。また、化粧直し用のコスメを忘れて、出先で買ってしまうこともあるでしょう。

コスメの収納、整理が難しいのは、数が増えがちな上に、ボトルやパッケージの形や大きさがまちまちで、並べると派手な色柄が目にうるさいところ。適当に収納すると、雑然とした雰囲気が醸し出されてしまいます。
 

化粧品の収納・整理の基本ステップは「間引く」「片付ける」

コスメ以外の収納・整理でもそうですが、基本ステップは「間引く」「片付ける」です。この順番を守らないと、無駄な作業が増えてしまいます。

■STEP1 間引く
まずは、持ちすぎているアイテムを間引きます。買ったときは気に入っていたコスメも、実際に使ってみると、思っていたのと違っていて、結局使わず、持ち腐れになっているものがけっこうあるのではないでしょうか。片付けの手間を減らすためにも、収納をタイトにするためにも、使わないものは処分しましょう。以下で、間引くものの選び方やコツをお教えします。

■STEP2 片付ける
基本的には、普段持ち歩くポーチに入る量に収めます。入り切らないアイシャドウやリップ、基礎化粧品などのボトルの収納アイデアは、後ほどご紹介します。
 

「STEP1 間引く」のポイント:何を捨てる?

処分するのは、以下のようなものです。

1:色・香り・使用感が合わないもの
コスメの収納・整理の基本ステップ1:間引く。たくさんの色があっても、使わない色はまったく使わない……

たくさんの色があっても、使わない色はまったく使わない……

つけたら似合わなかったリップやチーク、香料がきつく感じるクリームや乳液、効果が感じられない美容液は、持っていてもこの先使うことはないでしょう。直接肌につけるものなので、使って気分のいいものだけを残します。

2:古いもの
コスメの収納・整理の基本ステップ1:間引く。どんなに高価な化粧水でも、開封してあまりに時間が経っては心配

どんなに高価でも、開封してあまりに時間が経っては心配

化粧品も時間とともに劣化します。開封されたものは特に、酸化や雑菌の混入などにより、時間とともに変質している可能性がありますので、あまりにも長い期間放置したコスメを使うのは考えものです。「これ、いつ使い始めたんだっけ?」と、自分でもわからなくなったようなものは、思い切って処分しましょう。
 

「STEP1 間引く」のポイント:何をどれだけ残す?

コスメの収納・整理の基本ステップ1:間引く。プロが使うコスメボックス。収納力は抜群だけど、普通の人はこんなにいらない

プロが使うコスメボックス。収納力は抜群だけど、普通の人はこんなにいらない

市場には、何本ものリップやマスカラ、何色ものファンデーションやアイシャドウを一度にぎっしり詰め込める、プロ仕様のコスメボックスもあります。しかし、そのような大量のコスメが必要な人は、ごく限られています。毎日のメイクにそれほど時間をかけない普通の人は、できるだけ最小限のコスメで、短時間でメイクを終わらせたいのではないでしょうか。

そのためには、「毎日必ず使う最小限のコスメ」を、ポーチに入る量におさめることをおすすめします。このポーチは、化粧直し用に持ち歩くこともでき、旅行にもそのまま持って出かけることもできます。
コスメの収納・整理の基本ステップ1:間引く。持ち歩きのポーチに入る量に制限するとラク!

持ち歩きのポーチに入る量に制限するとラク!

眉用のハサミや毛抜きなどは家の引き出しに残し、「持っているコスメはポーチに入るだけ!」状態なら、どれを使うか迷うこともありません。収納は最小限で済み、片付けの悩みとも無縁です。
コスメの収納・整理の基本ステップ1:間引く。ポーチの中身。基準は「すぐに旅立てる」

ポーチの中身。基準は「すぐに旅立てる」

 

「STEP2 片付ける」のコツ:カスタマイズし、カサを減らす!

「コスメを最小限にしたいけれど、気に入っているアイシャドウやチークが異なるパレットに入っている」という場合もあります。2色、3色のアソートの中で、使っているのは結局いつも1色だけ……という場合は、自分だけのパレットにカスタマイズしてはどうでしょうか。

パレットのすき間に薄い刃(爪やすりなど)を差し込んでそっとはがして取り出し、自分で用意したパレットに並べ、両面テープで貼りつけるのです。パレットとして、チョコやキャンディの入っていた缶を利用しても良いでしょう。こうすることで、いくつものパレットをいちいち開けずに済み、使わない色を減らすことができます。
 

「STEP2 片付ける」のコツ:目立つボトルは背の高いカゴに収納

コスメの収納・整理の基本ステップ2:片付ける。化粧水や乳液のボトルは、背の高いカゴに。クリームなどは、下に箱やびんを置いてカサ上げを

化粧水や乳液のボトルは、背の高いカゴに。クリームなどは、下に箱やびんを置いてカサ上げを

化粧水や乳液、ムースやスプレーなどのボトルを並べると、雑然とした印象になってしまうのがイヤ、という場合は、背の高いカゴや箱に収納します。倒れてくることもなく、見た目もすっきり。

ただ、背の低いクリームやオイルの容器は、カゴの底になってしまい、出し入れが大変です。そんな時は、容器の下にサイズの合う空箱やビンを置いてカサ上げすれば大丈夫!
 

「STEP2 片付ける」のコツ:女子別引き出しを設置!

コスメの収納・整理の基本ステップ2:片付ける。写真は「無印良品」の「MDF小物収納」の1段と3段を組み合わせたもの。3段はタテにもできる

写真は「無印良品」の「MDF小物収納」の1段と3段を組み合わせたもの。3段はタテにもできる

お母さん、お姉さん、妹さんと、家族に女性が複数いる場合、化粧品の数は爆発的に増加します。みなそれぞれ、使う化粧品が違うからです。各人の所有アイテムが、洗面所など同じ場所にあると、誰の何がどこにあるかわからなくなってタイヘン! ケンカになる前に、1人1段の引き出しを用意しましょう。忙しい朝にも間違わないよう、名前のラベルを貼っておくとベター。
 

使わないコスメは、最終的にはお絵描きツールに

ポイントメイク用のコスメは意外に量があり、残りがち。使い切れなかったら、思い切ってお絵描き用に

ポイントメイク用のコスメは意外に量があり、残りがち。使い切れなかったら、思い切ってお絵描き用に

使わなかったコスメは、友達や家族がもらってくれればいいのですが、そうもいかないことが多いでしょう。化粧品は買い取ってくれる業者もあり、業者によっては未使用品だけでなく使いかけのリップや香水まで買い取ってくれますが、自分が使うのではなくとも、肌につけるものを売るのはちょっと心配。やはり、一度封をきったものは、なるべく自分で処分した方がいいように思います。

しかし、ほんの少ししか使わずに捨てるのはシャク。どうせなら、手芸やお絵描きに使ってから処分してはどうでしょうか? 特に、ネイルカラーはガラスびんなどに絵や模様を描くことができて楽しいですよ。ただし、お子様に画材として与えるときは注意してくださいね。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。