サンプル・試供品の山が、気がついたら増えている……

もらって嬉しいサンプル・試供品。でも余らせたり、消費期限切れになってしまったりで使わないほうがもったいないことに……

もらって嬉しいサンプル・試供品。でも余らせたり、消費期限切れになってしまったりで使わないほうがもったいないことに……

化粧品・コスメなどの無料サンプルをもらうと、ちょっと得をした気分になりますよね。街角で配っているサンプル、買い物の時にもらうサンプル、ホテルでもらうアメニティなど。「旅行の時に持っていこう」と思っていても、初めて使う化粧品はトラブルになりそうだからと、結局いつもの化粧品を持参する場合が多いのではないでしょうか。

しかし、化粧品は、未開封なら永遠に使用可能というわけではありません。一般的に、適切な保管条件のもと未開封で保存した場合、消費期限は製造後3年以内が目安とされています。

というのも、薬機法で「製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品」は使用期限を明記することが義務づけられています。そのため、逆に言えば、使用期限が明記されていない化粧品は、3年間は使えるということなのです(参考URL:東京都健康安全研究センター・薬事監視指導課のページ - 化粧品の表示)。

さて、今持っているサンプルはすべて3年以内のものと言えますか? いくら無料でもらっても、結局余らせて消費期限切れになり、使わずに捨てるなんてもったいないですよね。ぜひ、サンプルをためない習慣を身につけて、有効活用していきましょう。それが“美収納”に近づく小さな一歩です。

【ためこまない極意 その1】まずは家中のサンプル・試供品を1カ所に

まず、家中のサンプルを集めてみましょう。化粧ポーチにしまったままになっているもの。棚の片隅に追いやられているもの。すべて机の上に出して、3年以上経っていると思うものは潔く処分しましょう。

【ためこまない極意 その2】サンプル・試供品は収納するべからず

袋や収納棚に入れると、普段は存在を忘れてしまいます

袋や収納棚に入れると、普段は存在を忘れてしまいます

まだ使えるサンプルだけを残した後、また収納してしまっては元通りです。まず旅行などで使いたい2セット程度を保存し、それ以外はすぐに取り出せる箱やカゴに入れておきます。けっして、棚の奥にキレイに収納しないでください。

【ためこまない極意 その3】無意識でも目に入る場所に置くべし

無意識でも見える場所に置くのがコツです

無意識でも見える場所に置くのがコツです

たまったサンプルは1個ずつ大切に使って、自分に合う商品かどうか見極めていきたいですよね。でも見えない場所に置いてしまうと、よっぽど意識していない限りいつもの化粧品を使ってしまいます。

対策として、その日に使いたいサンプルを選び、使う場所の目につく場所に置いておきましょう。シャンプーやコンディショナーであればお風呂場の鏡の前に、化粧水や乳液であれば洗面所に、メイクグッズであれば化粧する鏡の前に......というように。

それでもつい忘れてしまう人は、鏡の前にマスキングテープでサンプルを貼っておくことをおすすめします。習慣というのはびっくりするほど体が覚えてしまっているので、そこまでしないとサンプルの存在を忘れてしまうものなのです。
サンプル・試供品が使いきれない時は、写真立てなどを使うと便利です

サンプル・試供品が使いきれない時は、写真立てなどを使うと便利です


冷蔵庫で眠る、使い切りの調味料もチェック

使い切りサイズの調味料もいつの間にか増えていきます

使い切りサイズの調味料もいつの間にか増えていきます

化粧品と同じように、1回使い切りの調味料もたまっていませんか? 惣菜コーナーでもらうソース、持ち帰りでもらう調味料、使わなかったわさびやからしなど。冷蔵庫で眠っている調味料を余らせた結果捨ててしまうのはもったいないですよね。

使い切るための献立を考えてメモに残そう

献立に使い切りたい食材を書いて

献立に使い切りたい食材を書いて

「今度ソースを使う時に一緒に混ぜよう」なんて思っていても、忙しく調理している時にはすっかり忘れてしまっているものです。そこで使い切りの調味料から使うための献立を考えてみましょう。

思い立ったら1週間で作る献立に織り混ぜるようにして、献立メモを目に見える場所に貼っておくのが大事です。1週間分考えるのが無理でも数日分の献立を考えておくと、食材の買い忘れがなくなり、経済的にもすっきりスリム化していくと思います。

サンプル・試供品も大切にする意識が、無駄買い癖も変えていく

サンプル・試供品を味方につけて、節約も美収納も実現させよう

サンプル・試供品を味方につけて、節約も美収納も実現させよう

「サンプルを使い切ろう」と思うことは、日常において本当に些細な意識です。でもそんな小さな意識に目を向けていくと、自分の無駄買い癖にも気がつくようになります。

[無意識に習慣になっている無駄買い癖]
・使いかけの化粧品が残っているのに新商品を買ってしまう
・色に飽きて数年放置したままのマニキュアがある
・数回使っただけのドレッシングが冷蔵庫に多数眠っている

そんな無意識にしている無駄買いにも目がいくようになっていき、アレンジして使い切る方法を考えたり、思い切って処分したりする決心がついていきます。その意識の積み重ねは、気がつけば大きな家計の節約に。ぜひサンプルも大切に使い切って、美収納を心掛けていきたいですね。

【関連記事】
無印・IKEA・ニトリ活用!シンプルで機能的な収納術
システムキッチンを100均アイテムだけで整理・収納!
美収納革命!たたみ方を変えたら、収納力が大幅アップ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。