とってもシンプルで居心地がいい、料理研究家・門倉タニア(多仁亜)さんのお宅。モダンなマンションですが、なぜかとても温かみがあります。その秘密は……?

上品だけど気取りのない温かみ。タニアさんの人柄そのままのインテリア

 

拝見! タニアさんのお部屋づくり

都心の駅近に立つ高級賃貸マンションの最上階。内廊下の、都会的でホテルライクな印象です。
「どうぞ! お入りください」
と、にこやかにドアを開けてくれた門倉タニアさんは、薄化粧、素足。「マダム」というより「学生」の雰囲気を残した、とってもナチュラルな女性です。ドイツ人のお母様と日本人のお父様を持つタニアさんは、今までで20回以上の、それも国内外を行き来する引越しを経験された方。その成果が、沢山のモノを持たずに、美しい暮らしを楽しむシンプルライフに結実しています。

スッキリ広々! 爽やかなインテリア

外見のモダンな印象とはまた違い、タニアさんのお宅の中は、シンプルだけれどあたたかみのある、落ち着いた雰囲気。リビング・ダイニングは、白い壁に濃茶のアンティーク和家具が映え、決して広くはないのに、ゆったりとしています。東京湾を望む窓のカーテンは開け放たれ、明るくて気持ちがいい!

シンプルライフな人たちのお部屋に共通することですが、タニアさんのお宅にも、
・床・壁(平面)がたくさん見える
・細かいモノが一切外に出ていない
・家具・家電が少ない
・天然素材がメイン
・企業のロゴやラベルのついたものがない
といった特徴がありました。目に入る情報量が少なく、置いてあるモノがどれもオーナーのテイストで統一されているのです。