一般とは違う人を笑わない

自分と相手に合う関係を築こう!

自分と相手に合う関係を築こう!

自分が“型のはまらない恋愛”を楽しむようになるためにも、同じように、他の型にはまらない人たちに対しても「温かい目で見守れるようになること」が大切です。

逆を言えば、自分が必死になって一般の枠からはみ出ないようにすればするほど、一般的な枠を外れている人に対してはどこか嫉妬し、わざと笑ったり、差別をしたりしがちです。でも、そんな思考を持っているからこそ、その人は、“自分にとっての本当に合う形”が見つけられないのです。

それはなぜかと言うと、型にはまらない人を軽蔑する分、自分が枠をはみ出たときには、肯定できずに自己嫌悪に陥ることも多いからです。結局、人に投げた思いは、自分に返ってくるものなんですよね。

法を犯しているわけでも、人に迷惑をかけているわけでもない、ただ「少数派である」というだけのことで、そういった人たちのことをあざけ笑うような人は、自分の心の狭さに気付きましょう。

人の趣向も人生観も価値観もそれぞれ違います。「自分の感覚こそが絶対」なんてことはありません。だから、「自分と違うから、おかしい」なんて発想は馬鹿げています。

そんな視野の狭い人は、もっとたくさん色々な人間を見てみるといいでしょう。常識にとらわれない方が、もっと伸び伸びと楽しく生きられるものです。

だから、もしあなたが大切だと思える人に出会えた時は、たとえ一般的な型には入らなくても、お互いに合う形を見つけて、オリジナルの関係を築いていきたいものですね。


[関連記事]
・「一人で生きていく」とわざわざ決断しなくてもいい
・「条件の悪い彼」とでも幸せな恋愛ができる秘訣

[お知らせ]
書籍「子供おばさん”にならない、幸せな生き方」が、単行本と電子書籍で好評発売中!子供おばさんになりたくない人は、必読!

・HAPPYになりたい女性に向けた恋愛&幸せ情報サイト「HAPPY WOMAN NEWS」を配信中!

4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」 毎週金曜日23時に更新!

・今回のコラムをさらに掘り下げて解説!ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」を毎日更新中!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。