【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

もう一人で生きていく?

「一人で生きていく」なんて決めつけない!

「一人で生きていく」なんて決めつけない!

婚活がうまくいかないと、「もう一人で生きていく」と決意しようとする人がいます。でも、そういう思考が、恋のチャンスを逃し、自分を不幸にしてしまうのかもしれませんよ?

もちろん本当に「一人でいること」が好きで、今後も一人で生きていくことを心から望んでいるのであれば、話は別です。そういう孤高な人生も悪いものではありません。

ただ、本心は素敵なパートナーを見つけて共に生きていきたいのに、「その可能性が低いから」「もう傷つきたくないから」といった理由で、「一人で生きていく」なんて決意をしている人は、考え直した方がいいでしょう。

そんな風に婚活がうまくいかないと「もうダメだ!」と諦めてしまうのは、例えるなら、「絵を描いていたのに、上手くできないからといって、癇癪(かんしゃく)を起こして紙をぐちゃぐちゃにしてしまう子供」に似ています。
時間を置いて、気を取り戻して、また続きを描けばうまくできるかもしれないのに、感情的になって、思考が極端になりすぎています。

「今、できない」からといって、「これからもできない」というわけではありません。今まで出会ってきた相手と合わなくても、今後、自分の理想通りの人に出会うことだってあるでしょう。
もちろん女性の場合は、子供を産む年齢はタイムリミットがあります。それで結婚に焦ってしまうのは分かります。
でも、本当に子供が欲しければ、里子や養子をもらうという選択肢だってあります。自分で産んでいなくても、深い縁がある運命の人というのは存在するものですしね。

それに、結婚するのに年齢の上限はありません。
例えば芸能界でも、桃井かおりさん、夏木マリさん、阿川佐和子さんなど、60歳前後でご結婚される人も出てきています。
私が聞いた話でも、60歳の未婚の女性が、介護していた両親を看取った後、ヨーロッパに一人旅に出たら、現地のガイドさんに見染められ、結婚した、なんてこともあります。

もちろんお互いに、ある程度歳を重ねた大人なのであれば、籍を入れることにこだわらなくてもいいでしょう。それでも、かけがえのないパートナーが傍にいる人生というのは、素敵なことです。

人生にはいつだって、無限の可能性があります。だから、なにかのタイミングで一緒に生きていきたいと思える相手に出会うことがあるかもしれません。だから、「一人で生きていく」なんて決めつけずに、柔軟性を持って人生を歩んでいった方がいい選択ができるでしょう。

もちろん「一人で生きていく可能性がある」と思うことは大切です。そのための金銭面はもちろんのこと、気持ち的なことも、ある程度は準備をしておいた方がいいこともあります。
でも、うまくいかない現実に嘆いて、短気になって、「自分は一生一人なんだ」なんて決めつけてしまうと、結果的に自分の可能性を狭めてしまいます。それについては、次のページで紹介します。