信じることができない相手は愛せない

信じることができない相手は愛せない……どうすればいい?

信じられない人を愛することなんてできない!

人は、信じられない相手を愛することはできません。

恋人が嘘をつくタイプだったり、浮気癖があったりして、一緒にいると傷つけられる可能性が高い場合は、怖くて愛することはできないからです。
 
結局、相手を愛することは大事ですが、自分のことも愛さなくてはいけないもの。
だからこそ、「自分を傷つけるかもしれない相手を愛する」ことは、「自分を愛する」こととは真逆の行為なので、そうそうできるものではないでしょう。


もちろん時として、「自分を犠牲にしてでも、愛する相手を助ける」なんてことはあるかもしれませんが、それとこれは、話が違います。
本当に相手に愛情があるから、そこまでの行動に出られるのであって、日頃から信じられない相手に対しては愛情がない分、そこまではなかなかできません。

だからこそ、人を愛するためには、「(誠実な人を見抜き、)相手を信じること」が重要ですし、逆を言えば、「愛されたければ、誠実な人でいないといけない」のです。

ただ、言葉で言うほど、「人を信じる」ことは簡単なことではありません。

また、人を信じられない原因が、相手にあるとは限りません。自分に原因がある場合もあるのです。その場合は、どんなに信用できる素敵な人と付き合っても深く愛することはできないでしょう。
 

信じるのが怖い?

自己と向き合い、トラウマを減らしていきましょう!

自己と向き合い、トラウマを減らしていきましょう!

被害妄想のクセがあったり、トラウマがあったりすると、人を安心して愛することができません。
その場合、常に相手を束縛して安心しようとしたり、相手の愛情を測ったりしてしまいがちです。

正直言うと、そんなことをしてしまったら、相手が依存体質でない限り、フラれる可能性は高まるでしょう。

人は、自分に何の落ち度もないのに、浮気を疑われたり、愛情を試されたりすると、げんなりしてきます。さらに、常に相手のネガティブな思いにさらされると、一緒にいて気分が落ちるので、段々相手から離れたくなってきます。

本来、「人を愛する」というのは、単に「好き」だという感情を抱くことではなく、「相手を幸せにしたい」と願うことです。
だから、信じるに値する相手を、自分が傷つきたくないがために疑う行為というのは、「相手に不愉快な思いをさせている」ので、本当の意味で相手を愛しているわけではないのです。

「好きだという感情=LOVE」だと思いがちですが、実際は「好ましい」に近い感情を抱き、自分が心地よくなるために相手を必要としている(=自己愛)だけのことが多いもの。
本当の愛情がそこにない限り、相手のハートには届きません。だからこそ、いい恋愛をするためには、本当に相手を信じ、愛せるようになった方がいいのです。

人を信じられない人は、まずは自分の内面とよく向き合い、少しずつトラウマをなくしていくことが必要です。自分1人では難しい時は、専門家の力を借りてもいいでしょう。

また、当たり前ですが、パートナー選びの際は、信じられる相手にした方がいいです。残念な人と付き合うと、トラウマを悪化させてしまう可能性もあります。

そして、「“自分のトラウマの原因となった相手”と、“今、目の前にいるパートナー”は、別の人である(=今のパートナーは信じるに値する人)」ということをよく理解しましょう。頭の中をきちんと切り替えるのです。
大切な人を幸せにするためにも、信じられる人になりましょうね。
 

恋人に信じてもらえない?

信じさせられない人は、愛されない

信じさせられない人は、愛されない

一方、不誠実なことばかりをして、恋人に信じてもらえない人がいます。そういう人が、まず知っておいた方がいいことがあります。

それは、「人を信じさせられない人は、愛されない」ということです。
理由は、冒頭で話した通りです。

もちろん中には、「自分を傷つける相手と離れられない人」「信じられない人と別れられない人」というのは存在します。でも、そういう人は、本当にその人を愛しているのではなく、“依存している”ことの方が多いのです。

もしそこに本当の愛があるなら、相手に対してきちんと怒って、相手が反省し、成長するまで、距離を空けるでしょう。自分がいたら、相手がダメになるのが分かるからです。

例外的に、浮気されても別れない人の中には、依存ではなく、相手を愛している人もいなくはありません。そういう人は、基本、人生の価値観として、浮気に寛容な部分があり、「単に浮気にすぎない。自分が本命だ」という信じられるものがあるから、別れません。ただ、そんな人は稀です。

逆を言えば、浮気を許せるわけではないのに、関係を続ける人というのは、「今、別れたら、生活が困るから」「もう他に付き合える相手なんて現れないから」などの打算で、関係を続けているパターンが多いのです。

つまり、パートナーを平気で傷つけたり、裏切ったりする人は、相手の好意にあぐらをかいて、いい気になりがちですが、ハッキリ言ってしまえば、相手のあなたへの思いは、愛ではありませんよ!

本当に愛されたければ、人を騙している場合ではありません。パートナーに「安心感を与える」というのは、愛されるためにすごく重要なことなのです。愛されたければ、誠実な人になる必要があるのです。

また、自分は何も悪いことをしていないのに、誤解をされてしまう人もいます。そういう人は、コミュニケーションが不足していることが多いでしょう。

例えば、忙しくてパートナーに連絡ができなかったにしても、相手があなたの状況を分かっていなければ、「忙しくて連絡できないのか」、それとも「連絡したくなくて連絡しないのか」の判断はつきにくいこともあります。そこで、「浮気をしている」と疑われてしまうことだってあるでしょう。そんなときは、面倒でも、きちんと状況を伝える努力が必要です。

「言わなくても分かってくれているはず」は、甘えです。その甘えが相手に不信感を与え、関係を壊してしまうのです。

人を信じること、愛することは難しいものです。信じれば信じる程、裏切られたときの痛手は大きいですしね。それでも、お互いに信じ、愛し合うことができたときは、そこにはこの上ない安らぎと幸せがあります。

人を信じられる人、そして人を信じさせることができる人でありたいものですね。


【お知らせ】
・今回のコラムも解説!公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」をぜひ、併せてご覧下さい!

4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」 隔週金曜23時に更新!

【関連記事】

【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。