【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

“型にはまらない恋愛”もアリ!

常識に囚われない関係を!

常識に囚われない関係を!

「デート3回目で付き合うかどうかの決着をつける」「付き合ったら、肉体関係を持つ」「結婚したら、一緒に住むのが当たり前」……なんて、決めつけすぎると、いい恋愛、結婚はできません。もっと“型にはまらない恋愛”を楽しみませんか?

もちろん恋愛、結婚の一般的な形というのはあります。でも、それがみんなに合うわけではありません。また、そうでなくてはいけない、なんてこともありません。

例えば、巷では「デートをして3回目でなにもなければ、脈がない」といった暗黙のルールもあります。でも、そんなのもケースバイケースで、3回目で付き合うどうかなんて決着を付けなくてはいけない、なんてことはありません。極端な話、お互いが結論を焦らないのであれば、1年かけて決めたっていいわけです。

その場合、どちらかがすぐに白黒つけたいタイプだったら成立しませんが、2人がそれくらい気長に相手との関係を見られるのであれば、それはそれでアリなのです。自分と相手の関係には合わないのに、常識的なルールばかりに縛られて、関係を壊してしまうことの方がもったいないですよね。

それで言えば、あるアラフィフのカップルは、付き合ってから数年間、週1ペースでデートを重ねていて、将来的には夫婦になろうとお互いに話をしつつも、未だプラトニックな関係なのだそうです。どちらに何かしらの身体的な事情があるわけでもなく、今はその距離感でいることでうまくいっている、なんてこともあるのです。

また、ある元夫婦は、離婚をした後もお互いに再婚しないで、未だ誕生日がくると家族で祝い合い、お正月は一緒に過ごしています。お互いの性格から、「籍を入れない」「一緒に住まない」ことで、うまくいく関係というのもあるのです。

結局、この場合、どちらかが「付き合ったら、肉体関係を持つのが当然」「やり直すのであれば、また籍を入れて一緒に住むべき」なんて考えていたら、うまくいないでしょう。それよりも一般的な形にこだわらずに、自分たちに合う距離感を保っているから、うまくいっているのです。

これは極端な作り話ではありますが、例えば、もし愛する人が氷でできていたら、あなたはどうするでしょうか?あなたが抱き締めたら、相手は溶けてしまいます。

どんなに愛していても、「抱き締められないなら、その人とは恋人にならない」という選択もありますが、「触れ合わない距離感で上手に付き合っていく」という方法もあります。

もちろん「いずれは一般的な家庭を持ちたいから、その相手とは“友人関係”という形で付き合っていく」という方法だってあるでしょう。

一般的な型にハマれば付き合う、ハマらなければ付き合わない(別れる)、なんて白黒をつけすぎないで、世の中には、程よい距離で関係を築いていくグレーの方法だってあるのですよね。

では、あなたが“型にはまらない恋愛”を楽しむようになるためには、どんなことができていたほうがいいでしょうか? 次のページで紹介します。