【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

恋愛下手の人を恋の相手に選ぶメリットはたくさん!

恋愛下手の人と恋をするメリット

むしろ“恋愛下手な彼”の方がいい!

デートをしている彼が「エスコート下手」「連絡無精」「おごってくれない」などの理由で「物足りない!」と思っている女性は意外といます。
でも、“恋愛下手”の彼だからこそ、いい恋ができることもありますよ?
   

恋愛下手の人と恋をするメリット1:出会いを大切にしてくれる

“恋愛上手な人”は、異性が寄ってきやすい分、1つ1つの出会いを大切にしにくいところがあったり、付き合っても相手に気に入らないところがあると、「また他の人を見つければいいや」とすぐに見切りをつけやすかったりするもの。
逆に“恋愛下手な人”は、自分に訪れた恋のチャンスを大事にする傾向があります。「彼女を逃したら、もうこんなに素敵な人に出会えないのではないか?」という不安があってのこともありますが、2人の関係でうまくいかないことがあっても、すぐに諦めたりしないで、どうしたらうまくいくのかを考えようとする傾向があります。

関係を築くために大事なことは、「しぶとさ」と「柔軟性」です。100%合う人なんていないので、お互いに折り合いをつけながらうまくやっていくことが大切なのです。
“恋愛上手な彼”の場合は、恋愛経験が豊富な分、「元カノの方が、ここの相性はよかった」「もう一人の狙っている彼女の方が、価値観が合う」など、他の人と比べてしまい、今、デートをしている女性がいても「もっと自分に合う人がいるのでは?」なんて考えがち。

逆に、そういう経験が少ない人ほど、前の恋人と比べたりすることなく、今、自分の目の前にいる相手だけを見て、関係を深めようとしてくれる傾向があるので、彼女になったら大切にしてくれることも多いのです。つまり、“恋愛下手な彼”の方が、結果的に女性を幸せにしてくれることもあるのです。

次も、“恋愛下手な人”だからこそ、持っている魅力と言えます。
 

恋愛下手の人と恋をするメリット2:傷ついてきた分、思いやりがある

“恋愛下手な人”だからこそ、持っている魅力もある!

“恋愛下手な人”だからこそ、持っている魅力もある!

人は自分が傷ついた経験がないと、同じような状況の相手の気持ちが分からないことも多いもの。
“恋愛下手”な人は、自分がフラれたり、裏切られたりして、辛い経験した分、相手にはそんな思いをさせたくないと思う人も少なくありません。

例えば、心から信じている相手に二股をかけられたり、浮気されたりして深く傷ついた経験がある人は、今、自分を信じてくれている相手を裏切るなんてことはそうそうできません。今の恋人と“当時の自分”がかぶるからこそ、そんなことはしてはいけないと思うでしょうしね。傷ついてきた経験って、決してマイナスになるわけではなく、それが優しさや思いやりに変わるものなんですよね。

“恋愛上手な人”も二股をかけられる経験がある人もいますが、良くも悪くも自分が傷つかないための術(例えば、浮気まではいかなくても、次の恋人候補のキープを作るなど)を使う人も少なくないでしょう。そんなのでキープされた側の立場にしてみたら、たまったものではないですよね。

もちろん“恋愛上手”でも浮気をしない人もいれば、“恋愛下手”でも二股をかける人もいなくはありません。どちらにしろ、ある程度、心根がしっかりした人であれば、自分が傷つけられたことがある分、相手に失礼なことをしたり、信頼を裏切ったりするようなことは避けるもの。恋の相手は、思いやりのある相手にしたいものですね。
 

恋愛下手の人と恋をするメリット3:行動に“真心”がある

“恋愛下手な人”は、恋愛テクニックを駆使できない分、恋人にする行動には“真心”があることがあります。
例えば、マメに連絡をしてこない分、連絡をしてくるときにはなにか伝えたい思いがあったり、デートに連れて行ってくれる場所は、「女性を(恋に)落とせる場所」というよりも、本当に相手を喜ばせたいと思えるようなところだったり、女性にプレゼントをした経験が少ない分、誕生日の時には何をあげたらいいのかを真剣に考えてくれたりもします。女性も、手慣れたテクニックで喜ばせてもらうよりも、そんな真心をもらった方が、うれしいのでは?

また“恋愛下手な彼”は、人に何かをしてもらうことに慣れていない分、あなたがしてあげたことに感謝の気持ちを抱きやすいもの。彼にとってその行為に特別感があればあるほど、より2人の絆と愛情が深まったりもします。だから、尽くし甲斐のある相手とも言えるでしょう。

こんな風に、“恋愛下手な男性”は、恋愛経験が豊富な男性とは違った魅力があります。ただし、不器用なところがあるので、付き合っていくには、女性側にもある程度、大らかさが必要となります。
 

相手のしてくれることで、自分の価値を測らない

相手が不器用なところは、自分がフォロー

相手が不器用なところは、自分がフォロー

“恋愛下手”な男性と付き合っていくには、ある程度、フォローできる大らかさが必要です。

自信のない女性、自己評価の低い女性は、彼が自分にしてくれることで、相手の自分への愛情、そして自分の価値を測りがち。劣等感がある分、「私は彼に愛されていないんだ」と勘違いしてしまうこともあります。
でも、“恋愛下手な彼”がエスコート下手でも、連絡無精でも、決してあなたのことを軽く見ているわけでも、価値がないと思っているわけでもありません。ただただ不器用なだけだということを理解しないと、すれ違ってしまうこともあるでしょう。

また、どんなに彼がエスコート下手であっても、あらゆる状況において必ずと言ってもいいくらいに、デメリットだけではなくメリットもあります。その部分をきちんと生かせるようになることが大切です。

例えば、デートの時は「いつも割り勘の彼」の場合は、むしろ自分の好きなお店に行きやすくなります。奢ってもらうと思うと、相手の連れて行ってくれるお店に行くパターンが少なくないですが、普段から割り勘だからこそ、行きたいお店に誘いやすいですしね。

「連絡無精の彼」の場合は、逆を言えば、普段は束縛されずに、好きなことができるとも言えます。基本、男性は、彼女が飲みに行ったりすると、心配したり、時にヤキモチを焼いたりするもの。でも、相手から連絡がこないのであれば、飲みに行っても知られることすらありません(だからって、浮気していいと言っているわけではないですよ?)。

デート経験が少なくて、「不慣れな彼」の場合は、“前の彼女と行ったデートスポット”ではなく、“あなたとしか行ったことがない場所”で思い出を作っていきます。それは、デート中に前の彼女を思い出されるよりも、ずっといいでしょう。

結局、相手に不器用な部分があっても、自分がそれに対してフォローできる力を持てるようになれば、むしろ“恋愛上手な男性”と過ごすよりもいいこともあるのです。
いい恋をしたければ、“恋愛下手な彼”の純な気持ちを大切にして、うまく付き合える人になりたいものですね。

【関連記事】
【お知らせ】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。