覚えられるようで覚えられないから、神経が「衰弱」する

トランプ

だれでも気軽にできるゲーム

家族や仲間が集まったときの遊びの定番といえば、トランプ。 あなたも一度は、トランプで遊んだ経験があるのではないでしょうか?

そして、ルールが簡単で、誰でもすぐにできるトランプといえば、「ババ抜き」「七並べ」、そして「神経衰弱」でしょう。

「神経衰弱」で覚える内容は、複雑ではありません。

覚えるべきは、カードの「数字」と「場所」だけ。数字・場所は常に移動しますが、同時に覚える必要があるのは、せいぜい6つぐらいでしょう。

でも、これがなかなか覚えられない!

「あれ? そこにあったのは2だっけ? 3だっけ?」
「確か、このあたりに5があったけれど……」

覚えたようで、覚えていない。覚えられるようで、覚えられない。この微妙さが「イライラ」をもたらし、「神経衰弱」させるのです。

「ワーキングメモリ」の容量がイライラをもたらす

では、どうやったら覚えられるのか?

そのためには、なぜ「覚えたようで、覚えていない」のか、そのメカニズムを知る必要があります。

答えは、何度か記事に取り上げてきた「ワーキングメモリ(作業記憶)」です。
⇒ これで仕事もハカどる!注目の"作業記憶"って何?

簡単に説明すると、ワーキングメモリとは「何かの目的のために一時的に蓄えておく領域」のことで、「脳のメモ帳」にたとえられます。

そして、このワーキングメモリ、容量が非常に小さいのです。

人が瞬間的に記憶できる短期記憶の数は「マジック(マジカル)ナンバー」と呼ばれ、「マジックナンバー7」として7つとされてきました。ただ、その後、もっと少ない「4±1」であるといった研究も出ています。

ワーキングメモリは、対象に「注意」を向けることで覚えるのですが、数が多くなると「注意」を向けられなくなり、記憶ができなくなっていきます。

「神経衰弱」は、このワーキングメモリの”限界”をちょうど突いてくるのです。

覚えるべき数字・場所が「3」ならば、覚えられるでしょう。ただ、それが4、5になり……、しかもカードがめくられるごとに覚えるべき数字・場所が変わっていく……。

こうなると、ワーキングメモリの容量を超え、混乱し、覚えることに圧倒されてきます。「イライラ」してくるのです。

「覚えられるようで、覚えられない」メカニズム

ワーキングメモリを圧迫させることによってもたらされる「イライラ」がくせ者です。


イライラすればするほど、それに注意が向いてワーキングメモリの容量を減らし、余計に覚えられなくなるのです。

これが「神経」を「衰弱」させるメカニズムです。

がんばって覚えようとしても、ワーキングメモリの容量に限界がありますから覚えられません。がんばったのに覚えられないことに余計にイライラし、悪循環に入ります。

カードを覚えるポイントは「いい加減」と「くり返し」


「覚えられるようで覚えられない」メカニズム=ワーキングメモリについて理解したところで、「神経衰弱」を攻略するカギをお伝えしましょう。

ポイントは「ワーキングメモリ」を圧迫させず、しかも効率的に使うことです。

ワーキングメモリを効率的に使うには、「イライラ」が厳禁です。そして、「イライラ」をもたらすのは、ワーキングメモリの限界を無視しした過度な「がんばり」や、あれこれも覚えたいという「欲」です。

こうならないために大事なのは、覚えることを適度に放棄する「いい加減」と、ワーキングメモリから必要な情報を消さないための「くり返し」です。

カードを「4つのエリア」に分けてくり返す!


ワーキングメモリを使いつつも、その限界をわきまえた「いい加減」。

覚えたい数字、場所に注意を向け続け、ほかのことに逸れないよう集中した「くり返し」。

そして、この二つのポイントを実現するための工夫が「4つのエリアに分けて覚える」ことです(右図参照)。

    4つのエリアに分けてくり返し続ける

    4つのエリアに分けてくり返し続ける

  • 頭の中で、トランプのカードが広げられたスペースを4つに分けます
  • 自分の注意を、左から右に4つのエリアに規則正しく移動させ、覚えるべき数字をくり返します。

このとき、大事なのは「止まらず、くり返す」こと。

ついつい細かい場所もしっかり覚えようとして、止まりそうになりますが、細かい場所にこだわらず、パッと各エリアにある数字を確認するくらいにとどめ、これを「くり返し」ます。

一つのエリアに覚えるべきカードが2枚も3枚も出てきた場合でも、全部を覚えようとせず、各エリア1枚ずつ、全部で4枚覚えておく、というくらいの「いい加減」さを保ちます。

さらに、自分がめくるときには、4つのエリアにまんべんなく覚えるカードが散らばるよう、バランスをとるようにします。

こうすることで、イライラすることなく、覚えられるカードが確実に増えていきます。ぜひ試してみてください!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。