お団子ヘアの位置や高さで印象チェンジ!基本の5パターンの違いと特徴

まとめる位置で簡単に印象が変えられる定番のお団子ヘア。“かわいい”から“大人っぽい”まで、イメージが激変する万能ヘアアレンジですね。TPOや洋服とのコーディネートに合わせて髪型を楽しむためにも、イメージの違いや似合わせポイントを理解することが大切です!

そこで今回は、お団子をまとめる位置や高さによる印象の違いを詳しく解説。覚えておいたい5つのパターンと似合わせ術についてお教えします!

1. アクティブで若々しい印象なら高めのフロントトップ

頭のてっぺんで作るお団子です。元気で若々しいイメージになります。目線が高めに集まるのでリフトアップ効果も抜群! 顔型に合わせてお団子の大きさを調節するとバランスよく見えます。

特に面長の方は、お団子を大きくし過ぎてしまうと、より縦長に見えてしまうので注意。 正面から見て眉毛を境にお団子の上側とあごの先端が1:1になると◎。カジュアルなコーディネートに適しているのでデートやアウトドアにもおすすめです。
アクティブでキュートなイメージ

アクティブでキュートなイメージ

高めの位置は若々しく見せる効果も!

高めの位置は若々しく見せる効果も!


2. ナチュラルで凛とした印象なら高めのバックトップ

つむじあたりで作るお団子です。360度どの位置からでもキレイに見えます。凛とした爽やかさがあり、かつ上品さも加わって女性らしい印象になります。もちろんリフトアップ効果も抜群です。

正面から見て、ややお団子が見えるようにまとめ、えり足とサイドがたるまないように作るとバランスよく見えます。オフィスでもデイリーでもOKで、キレイめなコーディネートや浴衣などにも使える黄金バランスです。
凛とした爽やかさがあり、女性らしいイメージ

凛とした爽やかさがあり、女性らしいイメージ

うなじがキレイに見え、男性ウケも抜群!

うなじがキレイに見え、男性ウケも抜群!


3. 清楚で落ち着いた印象なら中央

後頭部の中央で作るお団子です。知的で落ち着いた印象になります。正面から見た時にお団子が見えないので、トップを指で引っ張り自然な丸みのあるシルエットにするとバランスよく見えます。

高めで作るお団子よりも崩れにくく、1日中モチがよいのも特徴です。サイドはたるみが出ないようにタイトに仕上げると◎。デイリーはもちろん、オフィスでも使えるスタイルです。
清楚で落ち着いたイメージ

清楚で落ち着いたイメージ

上品で清潔感が出る

上品で清潔感が出る


4.  落ち着きのある大人っぽい印象なら低め

えり足くらいで作るお団子です。大人っぽくおしゃれな印象になります。リラックス感があり、こなれた雰囲気が出るので、スタイリッシュなコーディネートにピッタリです。

耳の先がやや隠れるように髪をまとめてからお団子を作ると、こなれ感がアップします。お呼ばれやパーティなどドレスアップして出かけるシーンや、オフィスでも使えるバランスです。
こなれ感があり、大人っぽいイメージ

こなれ感があり、大人っぽいイメージ


落ち着きと色っぽさが出る

落ち着きと色っぽさが出る


 5. 上品でフェミニンな印象ならサイド寄せ

片サイドの耳後ろ付近で低めにつくるお団子です。上品かつフェミニンな印象になります。正面から見て片サイドだけ低めの位置にお団子が見えてくるので、上品かつ女性らしさのある甘さが出ます。

お団子の位置が低過ぎると重たく見えてしまうので、正面から見て耳上~あごラインより上の位置でお団子を作るとバランスよく見えます。デイリーはもちろん、お出かけにも使えます。
上品でフェミニンなイメージ

上品でフェミニンなイメージ

女性らしい甘さが出る

女性らしい甘さが出る


 前髪なしのオールバックで印象を変えるテクニックも!

前髪や後れ毛なしのお団子ヘアは、おでこがしっかり見えるためキレイで清潔感のある印象になります。またアクティブさや凛とした大人なイメージも演出できます。
大胆におでこを見せる事で大人キレイな印象に

大胆におでこを見せる事で大人キレイな印象に


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。