筋トレ・筋肉トレーニング/目的別の筋トレメニュー

飲み会シーズン「ぽっちゃりスパイラル」を断つ方法

悩ましい冬太り。運動不足が続いたら、お腹まわりがふっくらとしてくるのは時間の問題です。イベントシーズンを楽しみながら、体型の崩れを防ぐには、どのようなことに注意したらいいのでしょうか?

森 俊憲

執筆者:森 俊憲

筋トレ・筋肉トレーニングガイド

冬のイベントシーズン「たるまない過ごし方」とは?

運動

忙しさを言い訳に運動不足が続いている方は要注意…


悩ましい冬太り。お酒の付き合いやイベントであわただしく過ごし、体を動かさない毎日を送っていたら、お腹まわりがふっくらとしてくるのは時間の問題。イベントシーズンを楽しみながら、体型を維持するためには、どのようなことに注意したらいいのでしょうか?

正月太りまっしぐら!よくある「魔のスパイラル」

まずは、年末年始に想定される最悪のパターンをシミュレーションしてみましょう。もしかしたら、心当たりがある方もいらっしゃるかもしれません。

つきあいやイベントで外食が増え、体を動かす時間がない

体重が増えて、焦る
↓  
リセットするために、激しいエクササイズや食事制限をする

なかなか継続できない

体重が減らずに自己嫌悪になる

ストレスからリバウンドが起こる

年末年始は、のんびりする時間や大切な人と食事をする時間も大切です。しかし、このようなスパイラルを断ち切るために覚えておいて頂きたい3つのことがあります。

1日10分でも筋トレや簡単な有酸素運動を!

年末年始に「時間がない」とか、「通っているジムが営業していない」といった理由で、体を動かさなくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか?「忙しい時期が終わったらダイエットをがんばる」と問題を先延ばしするより、自宅で体を動かす時間を10分でも確保してみましょう。

例えば、スクワットプランクレッグバランスなど、効率のよいシンプルな筋トレで意識的に筋肉を動かし、筋肉量をキープしておきたいものです。また、「食べ過ぎてしまった」という日には、自宅でできる有酸素運動として、踏み台昇降もおすすめです。

有酸素運動については、「20分以上続けないと脂肪燃焼効果が表れないから」と敬遠されている方もいらっしゃるかもしれませんが、最近の研究では、その説が覆っているのをご存知でしょうか?テレビを見たり、家事をしながら、適度なインターバルをはさんで、楽しく続ける工夫をしてみて下さい。

食事の時間は大切に!食事制限のストレスは逆効果

「前日の会食で食べ過ぎたから、今日は食事を抜く」といった方法は、一見理にかなっているように思えますが、長期的に見ると、おすすめできない方法です。「食べない=やせる」は一時的にやせても、あとから必ずと言っていいほど食欲の「大波」が襲ってきます。

満たされない思いはストレスを招きますから、「食べ過ぎない」「食べ続けない」「楽しく食べる」の3つを心がけて頂きたいと思います。

酒量をコントロール!飲み過ぎは「たるみ腹」の原因に

ラーメン

飲んだあとのラーメンが美味しいのには理由がある

最後にお酒との付き合い方の話です。お酒を飲むのを楽しみにされている方も多いかもしれませんが、飲み過ぎは、ぽっこりお腹の原因になります。主に3つの理由が挙げられます。


  • 酔うと、食事の摂取量が増えていることに鈍感になる
  • ヒトは、アルコール摂取後に、炭水化物を欲する傾向がある
  • アルコールには、筋肉の成長を阻害する働きがある

「お酒を飲んでいるときには、あまり食べない」という場合でも、飲んだ後は別。アルコールを肝臓で分解しているとき、体は低血糖の状態になり、本能的に炭水化物の糖質が欲しくなります。飲んだ後に高カロリーのラーメンがやけにおいしく感じるのは、そのためです。

さらに、アルコールには筋肉の成長を阻害するという研究結果も発表されています。私は多くの方のトレーニングのサポートをしていますが、「お酒が大好きで、量を飲まないと満足できない」という場合、どんなに運動をしても、引き締まった体になりにくい傾向が見られます。

そのため、たとえ飲み会シーズンであっても、お酒の飲み過ぎにはくれぐれも注意して頂きたいと思います。

以上、太りやすい冬を上手に乗り切るためのコツをご紹介しました。
冬の間も理想的な体型に近づくための「ボディデザイン」を続け、楽しく健康的なイベントシーズンを過ごしてください。

【関連記事】
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で筋トレ用品を見るAmazon で筋トレ用品を見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます