ソースはレンジで簡単!カリフラワーグラタン

所要時間:20分

カテゴリー:メインのおかずグラタン

 

きれいと元気の味方! カリフラワーグラタン

ベシャメルソースとカリフラワーの下茹でがレンジでできる、お手軽グラタンのレシピ。簡単なだけでなく、きれい&元気に嬉しい栄養素が、たっぷり詰まっているのもポイントです。

■美肌&腸内環境の改善に! カリフラワーの栄養素
豊富なビタミンCを含むカリフラワー。シミやシワの改善を助けるなど、美肌に嬉しい成分です。白血球の働きを手助けするなど、免疫機能にも大きく関わっています。

食物繊維によって腸内環境の改善、カリウムによってむくみの予防なども期待できます。

ビタミンC・水溶性の食物繊維・カリウムは、水溶性の成分なので、小さく切ってから茹でると茹で汁に溶け出てしまいます。このレシピでは、レンジを使うことで、栄養素を逃さずとることができるのが嬉しいところです。

■免疫力が高まる! 乳製品の栄養素
牛乳、チーズなどの乳製品にはビタミンAが豊富。ビタミンAは、鼻や喉、粘膜の保護を助け、免疫力の強化に役立ちます。

カリフラワー×乳製品のグラタンは、風邪をひきやすい冬にぴったりの組み合わせと言えるでしょう。

カリフラワーのグラタンの材料(2人分

カリフラワーとベシャメルソース
カリフラワー 1/2個
バター 10g
薄力粉 大さじ2
牛乳 1カップ
少々
こしょう 少々
仕上げ
ピザ用チーズ 適量
パセリ あれば適量(みじん切り)
カリフラワーは色が黒くなっていないものを選びましょう。牛乳は成分無調整のものを使うとより濃厚でクリーミーに仕上がります。

カリフラワーのグラタンの作り方・手順

カリフラワーのベシャメルソースを作る

1:カリフラワーを加熱する

カリフラワーを加熱する
カリフラワーは小房に切る。

耐熱ボウルにカリフラワーを入れてさっと水にくぐらせ、バターをのせてふんわりラップをかけ、レンジで3~4分加熱する(600wの場合)。
この時点でカリフラワーは固茹での状態です。

2:薄力粉、牛乳を加える

薄力粉、牛乳を加える
薄力粉を加えて全体を混ぜ、粉っぽさがなくなったら、牛乳を少しずつ加えながら混ぜる。

ラップなしでレンジで3分加熱し、全体をざっくり混ぜる。

3:ベシャメルソースの完成

ベシャメルソースの完成
再度レンジで1分加熱し、混ぜてみてまだとろみが足りないようであれば、さらに1分加熱する。

塩、コショウで味を整える。

グラタンを焼く

4:グラタンを焼く

グラタンを焼く
カリフラワーのベシャメルソースをグラタン皿に入れ、ピザ用チーズをたっぷりのせる。

トースターで10分ほど、こんがり焼き色がつくまで焼く。パセリを散らして完成。

ガイドのワンポイントアドバイス

イタリアへ料理の勉強をしに行ったとき、現地のシェフに教えてもらったお気に入りのレシピをアレンジしました。カリフラワーがほくほくでとろとろのベシャメルソースやチーズと絡んで美味しいです。最終的に、カリフラワーがしっかり柔らかくなるように作るのがポイントです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。