フランスの食洗機活用アイデアに脱帽

食洗機で洗えるもの!スポンジいらずの大掃除活用術

フランスの食器洗い機の使い方は、まさかのグッズが目白押しで、かなり衝撃的! 実際に試してみたときの写真です

最近読んだネットの記事で印象的だったのが、フランスの暮らし情報サイト「astucesexpress」に掲載されている「食器洗い機で洗える20のもの」という記事です(※リンク先はフランス語です)。

「思いがけないものが洗えます。ただし、温度に気をつけて、デリケートなものは洗濯ネットに入れましょう」と提案されている20個のものたち、いったいどんなものがあると思いますか? 「じゃがいも」くらいなら、なんとなく想像がつくかもしれません。でも、「キーボード」や「ヘアブラシ」、「長靴・サンダル」や「鍵」などは、かなり意外に思うのではないでしょうか。
   

私たちにもできる、食洗機で洗えるものたち

ガイドもフランスによく滞在しますが、フランス人の衛生感覚は日本とかなり違います。食器洗い機(食洗機)で長靴やサンダルを洗うのは、日本では考えにくいことですが、衛生観念が違うとこういうことも起こるんですね!

とはいえ、食器洗い機は上手に使うと、キッチン周りのお掃除がとても楽になります。今回は日本の私たちでも安心してできる、ちょっとしたアイデアをご紹介します。食器洗い機のサイズによっては入らないものもあるので、おうちの食器洗い機に当てはまるもので試してみてくださいね。
 
  • キッチンの換気扇のフィルター
換気扇フィルターを洗うなら、まず耐熱温度と素材を確認すること

換気扇フィルターを洗うなら、まず耐熱温度と素材を確認すること

まずフィルターの耐熱温度と素材をよく確かめて。食器洗い機は、手洗いよりも高温で時間をかけて洗うからです。アルミ製はアルカリ性の食器洗い機用洗剤で変色したり、塗装が落ちたりしてしまう可能性があります。油だらけになる前に、しばしばフライパンなどと一緒に洗っておくと、いつもきれいに保てます。
 
  • ガス台まわりの金具
五徳(ごとく)や汁受けも、汚れるたびに一緒に洗えば手間が省ける

五徳(ごとく)や汁受けも、汚れるたびに一緒に洗えば手間が省ける

五徳(ごとく)や汁受けも、食器洗いのついでにやっておけば、大掃除の必要もありません。回転するノズルに突起が当たらないよう、気をつけて。
 
  • 魚焼きグリルの受け皿
臭いがちな魚焼きグリルの受け皿も、外して入れられるなら洗ってみましょう。
 
  • 調味料入れ
調味料入れは、食器洗い機で洗える素材(高温への耐熱性がある)でできたものを事前に選ぶのもあり

調味料入れは、食器洗い機で洗える素材(高温への耐熱性がある)でできたものを事前に選ぶのもあり

キッチンで使っている塩や砂糖、重曹の入れものも、たまに食器洗い機で洗っておくといつもきれい。熱による変形を避けるため、ガイド宅では陶器やガラス製のものを使っています。
 
  • スポンジやセルロースクロス
スポンジ類も、高温で洗ってさっぱりスッキリ

スポンジ類も、高温で洗ってさっぱりスッキリ

雑菌が繁殖しやすいスポンジやセルロースクロスも、たまに食器洗い機で洗うと、高温洗浄でさっぱり。ただし、中で対流して故障の原因となることもあるので、しっかりと固定できる場所に置くか、小さい洗濯ネットに入れてセットしておきましょう。洗い終わった直後は熱湯を含んでいるので、扱いには気をつけて。
 
  • キッチングッズ(ツールスタンド、トレー、スポンジラックなど)
ツールスタンド、トレー、スポンジラックなどの不潔になりやすいものも、漂白剤なしで水垢・油汚れが一度にとれる

ツールスタンド、トレー、スポンジラックなどの不潔になりやすいものも、漂白剤なしで水垢・油汚れが一度にとれる

ツールスタンドや洗剤類を置くトレー、スポンジラックなど、不潔になりやすいものもまとめて洗えます。漂白剤なしで、水垢や油汚れも一度できれいに。食器と一緒だと抵抗がある人も多いので、別にまとめて洗い、最後はよく拭きあげるか、空洗いをすると安心です。
 
  • 赤ちゃんのおしゃぶりやおもちゃ
小さな洗濯ネットに入れて洗えば、高温除菌で安心です。
 

キッチンの食洗機のフル活用時・注意点4つ

日本において、食器洗い機(食洗機)のメーカーは、食器以外のものへの使用を避けるように注意喚起しています。上記のような使い方をする場合も、以下のことには十分気をつけてくださいね。

  • 素材の耐熱温度を事前にきちんと把握する
耐熱性のないものを使うと、高温洗浄によって変形、破損してしまう可能性があります。
  • 中で飛んで対流してしまうものは避ける
小さくて軽いものは、中で飛び回って故障の原因になりかねません。洗濯ネットに入れて洗う方法もありますが、メーカーではこの方法も推奨されていないので、行うなら自己責任で。
  • 刃物の扱いは十分気をつけて
ミキサー・フードプロセッサーの刃や、鋭利な金属類は、中で飛び回ると食器洗い機を破損する原因となりますので、設置は十分注意してください。
  • 食器洗い機では洗えない素材の知識を持ちましょう
アルミ製品とカットグラスは、洗剤と反応して変色してしまいます。


食器洗い機の使用上の注意については、各メーカーの商品説明ページも参考にしてくださいね。

【関連記事】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。