お勧め無線LANルータ2機種

いままで、無線LANルータをお勧めするときに、障害物に強く速度の速い高級機種とワンルームマンション向けの普及機種の2種類を挙げてきた。

現状の無線LANルータを俯瞰すると、ある程度高性能な機種でも実売価格が1万円を切り、普及機種と価格的に差が無くなってきた。もちろん、高価格で最高の性能を叩きだす機種も存在する。しかし、実際に使ってみると、一般的な戸建住宅と言った環境であれば、1つ下の機種でも十分快適に利用できる。

そこで今年末は、普及機器と最高級機の間にある中級機をご紹介したい。中級機でも、いろいろなフィールドでその性能を十二分に発揮できる。

・バッファロー AirStation WSR-2533DHP

WSR-2533DHP

WSR-2533DHP 写真は壁への取りつけだが、通常の据え置きも
もちろん可能。


メーカーWebページ
仕様

本機種は、ガイドが半年間、実際に長期利用した機種だ。感想は、まず「安定感抜群!」ということである。

「時々回線が切れる。」「妙に遅くなることがある。」「インターネットになかなか繋がらない。」といったトラブルが殆どない。安心して利用できる。

確かに実効速度は、高級機種のWXR-2533DHP2と比べると、少し落ちるが自宅で使うには十分な速度でストレスを感じたことはない。

 

・NEC Aterm  PA-WG1900HP

PA-WG1900HP

PA-WG1900HP


メーカーWebページ
仕様

こちらの機種も性能が安定していることに定評がある。いろいろなECサイトのユーザーレビューを見ても、トラブルが少ないのが分かる。

ただ、上に挙げたWSR-2533DHPよりスペック的には少々落ちるが,あくまでも公称値であり、実使用上差異はあまり感じないだろう。

WSR-2533DHP:    1733+800Mbps 4ストリーム
PA-WG1900HP:   1300+600Mbps 3ストリーム

本機種の特徴は、子機としても利用できることだ(注1)。利用している子機が不安定なときは、この親機を流用できる。接続はLAN端子になるので、USBに装着する子機より高速に利用できる。また、価格もWSR-2533DHPより若干お求め安くなっている。

(注1)前述のWSR-2533DHPも中継機として設定すれば、子機として利用できるが、マニュアルにその記載がないので、初心者の方には敷居が高い。

 

お勧めの無線LAN中継機


・バッファロー AirStation WEX-1166DHP

中継機undefinedWEX-1166DHP

無線LAN 中継機 WEX-1166DHP


メーカーWebページ
仕様

無線LAN中継機は、最近電波の届きにくい環境でよく利用されるようになっている。ハイパワーの高性能な無線LAN親機に交換するより、中継機を利用した方が、結果的によいことが多い。

本機種もガイドが長期利用している無線LAN中継機だ。設置以来、ノートラブルで安定して利用できている。初期設定も失敗なく簡単だった。初心者の方にも安心してお勧めできる。


 

お勧めのモバイルWi-Fiルータ


モバイルWi-Fiルータとは、屋外でWi-Fi環境を実現するための機器だ。モバイルWi-Fiルータを使えば、屋外でWi-Fi専用のタブレットや無線LAN内蔵のノートパソコンのデータ通信ができる。

・NEC Aterm PA-MR05LN

PA-MR05LN

モバイルWi-Fiルータ PA-MR05LN


メーカーWebページ
仕様

本機種も、安定して利用できるモバイルWi-Fiルータとして定評がある。

発売日は、2016年 9月 1日と少々古いが、最新機種が常にベストバイだとは限らない。むしろ、最新機種は数々の不具合を抱え問題となることが時々ある。そんな中、少々古い機種の方がファームウエアの更新が繰り返されているので、安定して利用できることが多い。

また、スペックも最新の製品に引けをとらない

今回は、回線契約なし(SIMフリー)の機種をご紹介したが、回線付きの契約もある。回線付きの場合は、いろいろな特典があるので自分のニーズを見極めて契約して欲しい。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。