誰も教えてくれなかった!おしゃれグローブの着眼点

オールレザーのベーシックなグローブ。大人っぽいことは事実ですが、合わせるコート次第では遊び心があるとは言えないかもしれません。大人のグローブ選びは、必ずしもオールレザーである必要はなかったのです。

オールレザーのベーシックなグローブ。大人っぽいことは事実ですが、合わせるコート次第では、遊び心があるとは言えないかもしれません。大人のグローブ選びは、必ずしもオールレザーである必要はなかったのです。


「レザーのグローブであれば、どれも変わらない」と思ってはいませんか?上半身がコートで完全に覆われてしまうからこそ、屋外における冬の着こなしでは小物が映えます。巻き方にコツがいるマフラーに比べ、グローブは選び方さえ合っていれば、最強の小物になり得るのです。

ビジネスファッションや大人の週末服に合うグローブは、確かにレザー素材が中心ですが、デザイン単体ではなく、コートの相性やサイズ感も重要!そもそも、グローブにサイズがあることをご存知でしたか?グローブは、必ずしもフリーサイズではなかったのです。グローブに合わせるコートの相性をはじめ、ビジネスファッション・大人の週末服に合うアンダー1万円グローブの選び方をお教えします。
 

イタリアブランドの影響か?洗練の格安グローブ

イタリアGlovesブランドのグローブ。アクセントとなる赤い色に加え、イントレチャートに編み込んだデザインがポイント。

イタリアGlovesブランドのグローブ。アクセントとなる赤い色に加え、イントレチャートに編み込んだデザインがポイント。


2000年代の中頃から、大手セレクトショップでよく見掛けるイタリアのGloves(グローブス)ブランドのグローブ。そのキャッチーなロゴと洗練されたデザインは、日本のグローブ市場に大きな影響を与えたのではないでしょうか?

スタイリッシュな定番グローブのひとつに、「手の平がレザーパーツ、手の甲が生地パーツ」の切り替えタイプがあります。大人グローブの基本はレザー素材ですが、必ずしもオールレザーである必要はなく、むしろパーツの一部が切り替わることで遊び心が生まれます。
 
手の平はレザーパーツ・手の甲は繊維パーツ!切り替えしでメリハリがついた大人のグローブ。

手の平はレザーパーツ・手の甲は繊維パーツ!切り替えしでメリハリがついた大人のグローブ。ツープライススーツ量販店で5千円程度。


Glovesブランドで1万5千円程度するこのタイプも、THE SUIT COMPANY(青山商事)やSUIT SELECT(コナカ商事)など、20~40代のビジネスマンをターゲットにした、ツープライススーツ量販店のオリジナルグローブは5,000円を切っています。近年は、おしゃれグローブを抜群のコスパで買える時代!とはいえ、デザイン単体でグローブを選ぶことを私はお薦めしていません。
 

コート&グローブ!コーディネートの重要性

左はオールレザーのベーシックなグローブ。右はパーツが切り替わったグローブ。合わせるコートの質感が強い場合はオールレザーのグローブを選びます。コートとグローブのコーディネート意識が重要です。

左はオールレザーのベーシックなグローブ。右はパーツが切り替わったグローブ。合わせるコートの質感が強い場合はオールレザーのグローブを選びます。コートとグローブのコーディネート意識が重要です。


冬小物であるグローブを選ぶとき、合わせるコートの生地を想定する必要があります。シンプルなメルトンコートの場合、コートの質感が単調に見えるため、アクセントをつけたグローブでメリハリがつくのです。一方、質感が強いコートにはアクセントが強いグローブは合わせづらいことも事実。全身が散らかって見えてしまいます。だからこそ、コートを決めてからグローブを選びましょう!

さらに、ベルトや靴、グローブの色を揃えることができれば最高です。ビジネスファッションでは常識ともいわれるベルト&靴の色合わせ!これに、グローブのレザーパーツの色を合わせることで、さりげない気遣いが伝わります。
 

迷ったらタイトなものを選ぶワケ

キルティングデザインが特徴的なオールレザーのグローブ。手の込んだデザインで遊び心を発揮!ツープライススーツ量販店でアンダー1万円。同じデザインでも迷ったらタイトなサイズを選ぶ。

キルティングデザインが特徴的なオールレザーのグローブ。手の込んだデザインで遊び心を発揮!ツープライススーツ量販店でアンダー1万円。同じデザインでも迷ったらタイトなサイズを選ぶ。


グローブ自体のボリューム感も重要です。ボリューミーなグローブはカジュアルな印象が強く、ビジネスファッションや大人の週末服には、スラっとした細身のデザインが合います。もし、同じデザインで2つサイズがある場合、迷ったらフィットするサイズを選びましょう!スッキリ見えるという理由もありますが、レザー・繊維でつくられたグローブは基本的に手に馴染み伸びるからです。

面積が小さいからこそグローブは冬のアクセントになります。「グローブを制する者は冬服を制す!」と言えるかもしれません。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。