合わせ方やコツは?ショートパンツの靴選び

普段、ビジネスではロングパンツが多いだけに、休日はリラックスしてショートパンツ(ショーツ)を穿くという方も多いのではないでしょうか。ショーツの場合、トップスにはTシャツかポロシャツ、もしくはショートスリーブのシャツを着て、足元はサンダルかスニーカー、デッキシューズやスリップオンを合わせることが多いと思います。
ショートパンツ×革靴のメンズコーデ

ショートパンツ×革靴のメンズコーデ

しかし、思い切ってショーツと革靴をコーディネートすることで、フォーマル感のあるスタイルを楽しむこともできるのです。そこで今回は、一味違ったショーツと靴のコーディネートをご紹介しましょう。

スーツでもショートパンツ!?

メンズのファッション雑誌などでは、ここ数年、スーツだけどパンツはショーツというスタイルがおしゃれ上級者の間で流行っています。

「一体どういう風に着こなすの?」と不思議に思う人もいると思いますが、カジュアルに着こなすには、Tシャツやカジュアルシャツをジャケットに合わせて、同じ素材のショーツを穿きます。そして、スーツなので足元はフォーマルな靴を合わせます。時々、フォーマル感をより一層出すためにハイソックスをはく人もいますが、そこまでやる必要はないでしょう。
 

カジュアルでもショーツに革靴を!

しかし、読者の方々に覚えておいてほしいのは、スーツやトップスにジャケットを着なくても、ショーツを穿くときに革靴を合わせれば、他の人とは違うフォーマル感のあるおしゃれなスタイルを楽しむことができるということです。
 
ショーツ、ショートパンツ、ハーフパンツ、革靴、靴

ショーツに合わせる革靴の一つにシンプルでつま先に飾りのないプレーントゥがあります。

その靴というのが、スーツを着るときに履く革靴。具体的には、シンプルでつま先に飾りのないプレーントゥや、ちょっと遊び心のあるつま先にWの形をした飾りのあるウイングチップ、紐なし靴のローファー、ローファーに紐飾りのタッセルや、グッチの靴に代表されるメタルの装飾がついたビットシューズなど。

これらの革靴をショーツに合わせてみましょう。
 

サンダルやスニーカーにはない、ちょうど良いフォーマル感

 
ショーツ、ショートパンツ、ハーフパンツ、革靴、靴

カジュアルなTシャツにショーツのコーディネートにもフォーマルな革靴を合わせます。

足元をこれらの革靴にしてあげるだけで、同じショーツなのに全体の印象ががらっと変わります。サンダルやスニーカーにはない、ちょうど良いフォーマル感が出て、きちんとした印象をつくり、他の人から一目置かれること間違いなしです。
 

靴下選びは素足感がポイント!ショーツ×革靴にはカバーソックスがおすすめ

ただし、ここで一つ気をつけてもらいたいことがあります。それは革靴を履く際の靴下。革靴は素足には履きませんよね。とはいえ、ここでカジュアルソックスやビジネスソックスを履くものならば、せっかくのコーディネートが台無しになってしまいます。
靴下

ショーツに革靴を合わせるときには、カバーソックスで素足に靴を履いているように見せることが大切。

ショーツに革靴を履く時は、靴下を履いているように見えないカバーソックスをセットで用意してください。そうすれば、まるで素足で革靴を履いているように見え、爽やかでおしゃれなコーディネートを演出することができます。
ショートパンツ

爽やかな印象を与えるオフの日のおすすめコーデ

みなさんもぜひ、ショーツ、革靴、そしてカバーソックスの組み合わせで、フォーマル感のあるスタイルを楽しんでみてください。

【関連記事】
・セットアップとは?意味や魅力、スーツとの違いを解説!
・アラサーが買っても良いユニクロのコートと着こなし術
・オン&オフ兼用!1万円以下で買えるオシャレ手袋
・ユニクロの秋新作コートは1万5千円以下なのに高級感!
・痛いおじさんに見えない!30代のスニーカーコーデ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。